TRUST CLUB ゴールドカード(VISA)

プライオリティ・パスが付帯するVISAのゴールドカード!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
13,200円(税込) 年会費
(2年目)
13,200円(税込)
還元率 0.75%~ 発行日数 2~3週間

TRUST CLUB ゴールドカードは三井住友トラストクラブ株式会社が発行するVISAブランドのゴールドカード!年会費13,200円(税込)でVisaゴールドカード優待やプライオリティ・パスが付帯するコスパの高いカード!基本還元率も0.75%と比較高く、有効期限がないポイントも魅力!年間利用額に応じて最大6,000ポイントのボーナスもあり!

空港ラウンジ プライオリティ・パスのスタンダード会員を年会費無料で利用できる!
還元率 基本還元率0.75%!年会費充当なら還元率1.21%!ボーナスポイントもある!
優待特典 Visaゴールドカード優待など特典が多彩!付帯保険も充実!

TRUST CLUB ゴールドカード(VISA) こんな人におススメ

  • 海外で使い倒せるクレジットカードをお探しの方
  • コスパの高いステイタスカードを持ちたい方
  • 海外への渡航機会が多い方や海外の空港ラウンジをよく利用する方

TRUST CLUB ゴールドカード(VISA)|評判と特徴、審査基準を徹底解説

TRUST CLUB ゴールドカードの特徴

ダイナースクラブカードで知られる三井住友トラストクラブ株式会社は、「TRUST CLUBカード」としてVISAとMastercardを展開しており、そのラインナップに数えられているのがTRUST CLUB ゴールドカードです。VISAのゴールドカードとしてステイタス性と機能性の両方をバランス良く備えたコスパの高いゴールドカードとして人気です。

TRUST CLUB ゴールドカードでは、国際ブランドのVISAが直接提供している「Visaゴールドカード特典」が利用できるほか、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」のスタンダード会員が年会費無料で付帯します。カード年会費は13,200円(税込)ですが、付帯特典のベネフィットと比較すると非常にコスパが高いゴールドカードとなっているのが特徴です。そんなTRUST CLUB ゴールドカードの特徴について解説していきます。

TRUST CLUB ゴールドカードはVISAプラチナに次ぐハイステイタスカード!

TRUST CLUB ゴールドカードは年会費13,200円で、ゴールドカードとしては平均的な年会費となっています。ちなみに家族カード会員は年会費無料で所持できます。

国際ブランドVISAのグレード
順位 グレード名称 対象となる主なカード
1 ・VISAインフィニット
・VISAシグニチャー
・スルガ VISA Infinite
※VISAシグニチャーは日本国内での発行は未確認
2 VISAプラチナ ・TRUST CLUB プラチナ Visaカード
・三井住友VISAプラチナカード など
3 VISAゴールド TRUST CLUB ゴールドカード
・三井住友VISAゴールドカード など
4 VISAクラシック TRUST CLUB エリートカードや三井住友VISAクラシックカードなど、一般カードクラスのカード(年会費無料~数千円程度のカード)

VISAブランドのゴールドカードといえば、「三井住友VISAゴールドカード」などが有名ですが、TRUST CLUB ゴールドカードも同等のグレードとなります。「三井住友VISAゴールドカード」に比べて知名度では劣るものの、VISAのゴールドカードとして、そのステイタス性は抜群です。

TRUST CLUB ゴールドカードはコスパが秀逸!付帯特典が充実しベネフィットが高い!

VISAのステイタスカードとして年会費も13,200円(税込)とやや高めなTRUST CLUB ゴールドカードではありますが、付帯特典の充実度が高いので年会費以上のベネフィットがあります。

TRUST CLUB ゴールドカードに付帯する主な特典
優待・サービス 内容
プライオリティ・パス スタンダード会員のサービスを年会費無料で利用できる(本会員・同伴者ともに都度料金32USドル必要)
※家族カードは申し込み不可
空港ラウンジサービス 国内31空港+海外2空港のラウンジを利用可
手荷物宅配サービス 帰国時に空港から指定場所まで手荷物を宅配してくれる
Visaゴールドカード優待 Visaゴールド空港宅配、Visaゴールド国際線クロークなど、ビザ ワールドワイド・ジャパンの提供する各種サービスを利用可
海外・国内トラベルデスク 希望に沿った旅行プランの案内や交通・宿泊などの各種手配ができるサポートサービス
世界のお得なお店ガイド 世界各地の街歩きに便利!お得なクーポンもあり
空港送迎サービス 海外トラベルデスクでパッケージツアーor日本発の海外航空券を購入(50万円以上)すればタクシーでの空港送迎を1台分片道無料もしくは一部負担で利用できる
海外・国内パッケージツアー割引 トラベルデスクからの申し込みで基本代金から最大5%OFF
オンラインホテル予約 宿泊プラン一括比較で料金や空室状況、ボーナスポイントなどが確認できる
宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」優待 全国の一流ホテル&旅館のみを宿泊予約できる「Relux(リラックス)」を3,000割引で利用できる
Hotels.com会員特別割引 世界200カ国の宿泊施設が予約可能なHotels.comにて合計室料から8%割引にて利用可
海外ラグジュアリーホテル優待 バリやモルディブ、ラオスといった美しいリゾートにあるラグジュアリーなホテルにて優待を受けられる
海外ホテル予約 世界各地の名門ホテルを予約手配OK
JALエービーシー優待 同一カウンターにて空港宅配・携帯電話レンタル・音声翻訳機レンタル・手荷物一時預かりの4サービスを利用可
一休.comレストラン TRUST CLUB ポイントモール経由で予約すれば優待あり
トヨタレンタカー利用優待 全国のトヨタレンタカーを5%OFFで利用できる
タイムズカーレンタル優待 タイムズカーレンタルでレンタカーが5%OFF
タイムズカーシェア優待 タイムズのカーシェアリングにて月額基本料3ヶ月無料&会員カード発行手数料無料
海外レンタカー優待 ハーツレンタカーを特別ディスカウントで利用可
コナミスポーツクラブ 全国各地のコナミスポーツクラブを特別価格で利用できる
海外旅行傷害保険 最高7,000万円
国内旅行傷害保険 最高7,000万円
ショッピング補償 年間最高500万円

充実度および活用度ともに高いサービスが付帯します。利便性の高い特典としては、やはりプライオリティ・パスの存在は外せません。数ある特典の中でも別格となっていますので、このプライオリティ・パスを活用できるか否かでコスパも断然違ってきます。

その他、手荷物宅配サービスなども活用度の高いおすすめサービスとなっています。海外への渡航が多く、プライオリティ・パスや手荷物宅配サービスなどを活用する機会の多い人にとっては、13,200円(税込)という年会費などあっという間にペイできてしまうベネフィットがあります。

TRUST CLUB ゴールドカードは旅行傷害保険やショッピング補償も充実!万が一のトラブルにも万全の備えができる!海外緊急アシスタンスサービスは活用度大!

TRUST CLUB ゴールドカードには、最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯、ショッピング補償として年間最高500万円のバイヤーズプロテクションが付帯します。旅行先における万が一のトラブルにもしっかり備えられるので安心です。ただし、ゴールドカードとしてはやや補償内容が低めなことと、利用付帯である点がややデメリットです。できれば旅行傷害保険の自動付帯する他のクレジットカードと併用するか、もしくは保険会社の旅行保険に加入するなどすればより安心が増します。

ちなみにTRUST CLUB ゴールドカードでは「海外緊急アシスタンスサービス」というサポートを利用できます。渡航先で病気やケガなどのトラブルに遭った際、24時間年中無休で日本語サポートを受けられたり、医療通訳の手配など多彩なサービスを利用することができます。また、保険会社の提携病院であればキャッシュレス・メディカル・サービスまで利用することが可能です。

TRUST CLUB ゴールドカードはポイント還元率0.75%!ステイタスカードとしては高還元率でポイントが貯まる!ボーナスポイントでも最大6,000ポイント!

TRUST CLUB ゴールドカードはカード利用100円ごとに3ポイントが還元されます。TRUST CLUBカードのポイントは1ポイント=0.25円の価値なので、TRUST CLUB ゴールドカードのポイント還元率は0.75%ということになります。1.0%を下回ってしまってはいるものの、一般的なステイタスカードの還元率は0.5%前後なので、TRUST CLUB ゴールドカードの方が若干ではありますが高還元率で利用できます。

また、TRUST CLUB ゴールドカードならカードの年間利用額に応じて次年度に最大6,000ポイントのボーナスポイントが付与されます。6,000ポイントといえば、通常であれば20万円分利用しなければ獲得できないポイントなので、それをボーナスとして一気に獲得できるのは非常に魅力です。

TRUST CLUB ゴールドカードにはポイントの有効期限なし

もちろん、TRUST CLUB ゴールドカードの場合も他のTRUST CLUBカードと同様にポイントの有効期限がありませんので、好きなだけ自由に貯めることができます。ポイント有効期限に追われることなく余裕を持って貯めたいという方なら要チェックです。

TRUST CLUB ゴールドカードは、こんな人におすすめ

ここからは、TRUST CLUB ゴールドカードがどのような人におすすめできるカードなのかについてみていくことにしましょう。

海外旅行など渡航機会が多い方!TRUST CLUB ゴールドカードはプライオリティ・パスや旅行傷害保険の付帯など海外利用に心強い!

TRUST CLUB ゴールドカードには最高7,000万円の旅行傷害保険ほか、年間500万円のショッピング補償、そして世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが付帯。さらに空港送迎サービスや手荷物宅配サービス、国際線クロークなどなど、海外旅行時に便利な特典が多彩です。しかも加盟店数が国際ブランドの中でダントツで多いVISAですから、海外旅行の機会が多い人には特におすすめできる1枚です。

ポイントの貯め方にこだわりたい方!TRUST CLUB ゴールドカードは基本還元率0.75%でポイント有効期限なし!効率よく貯めたい方におすすめ

先述しましたが、TRUST CLUB ゴールドカードはポイント還元率0.75%で、ステイタスカードとしては比較的高めの還元率となっているほか、ボーナスポイントで最大6,000ポイント獲得できます。さらに、ポイントの有効期限がないので、より効率的にポイントを貯めることが可能になります。有効期限があるせいでなかなか思うように貯められないポイントが多い中で、TRUST CLUB ゴールドカードのように有効期限を気にせずに貯められるのはとても大きな魅力です。

コスパの高いクレジットカードを探している方!TRUST CLUB ゴールドカードなら年会費と付帯特典のバランスが秀逸!コスパが高い!

TRUST CLUB ゴールドカードの年会費は13,200円(税込)です。JCBゴールドが年会費11,000円(税込)、三井住友VISAゴールドカードが11,000円(税込/年会費割引あり)ですから、これらのライバルカードと比べるとやや年会費が高いイメージがあります。

ですが、プライオリティ・パスなど充実度の高いサービスが付帯しているので、これらのサービスだけでも年会費以上のベネフィットがあります。ちなみに付帯しりプライオリティ・パスはステイタスカード会員の年会費(99USドル)が無料です。1USドルは、2019年8月上旬の時点で平均106円ほどですので、これだけで年会費分はほぼペイできてしまう計算です。付帯サービスの利用頻度が多ければ多いほど高いコスパを発揮してくれます。

TRUST CLUB ゴールドカードのメリット

ではこれまでの内容も含めて、TRUST CLUB ゴールドカードのメリットについてまとめておきましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードはコスパ最強!プライオリティ・パス付帯で海外での利用価値が高い!

TRUST CLUB ゴールドカードのメリットは次のようになります。

メリット

TRUST CLUB ゴールドカードのメリット

  • 年会費13,200円のVISAゴールドカード!家族カードの年会費はなんと無料!
  • 国内空港ラウンジサービス以外にプライオリティ・パスも付帯
  • 空港送迎サービスや手荷物宅配サービス、国際線クロークなどが付帯!
  • トラベルデスクやホテル予約、レンタカーなど優待サービスが多彩
  • ポイント有効期限はナシで還元率は0.75%!
  • 最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険や年間500万円のショッピング補償が付帯!

TRUST CLUB ゴールドカードは年会費13,200円(税込)で、一般的なゴールドカードと同等の年会費設定となっています。ビザ ワールドワイド・ジャパンの提供するVisaゴールドカード優待が利用できるほか、プライオリティ・パスが付帯するなどコスパに優れたゴールドカードです。海外への渡航機会が多いならぜひ要チェックの1枚です。

TRUST CLUB ゴールドカードのデメリット

続いて、TRUST CLUB ゴールドカードのデメリットについてみていきましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードの入会年齢は25歳以上!

TRUST CLUBカード全体でも申し込み年齢の基準が高めですが、TRUST CLUB ゴールドカードの場合は25歳以上からとなっています。ゴールドカードによっては20歳以上から申し込めるものも少なくありませんが、TRUST CLUB ゴールドカードについては18歳~24歳の方は申し込めません。こうした年齢基準が設定されているあたり、ダイナースクラブカードを発行する三井住友トラストクラブ株式会社らしさを感じます。

海外へ行かないならもったいない!TRUST CLUB ゴールドカードは海外で使ってこそ価値が出る!

プライオリティ・パスが付帯することからもわかるように、TRUST CLUB ゴールドカードは海外の利用でもっとも利用価値を発揮してくれるカードとなっています。ほとんど海外旅行時に行かないのであれば持つ意味があまりありません。TRUST CLUB ゴールドカードは確かにコスパに優れますが、それも付帯サービスを活用してこそなので、ほぼ国内利用にとどまってしまうなら敢えてTRUST CLUB ゴールドカードを選ぶ理由はありません。

TRUST CLUB ゴールドカードの評判

TRUST CLUB ゴールドカードの気になる評判についてチェックしてみましょう。

プライオリティ・パスは評価が高い!コスパが高いという好意的な評価もあれば年会費が高いという低評価もあり!

TRUST CLUB ゴールドカードの評判自体は決して悪くはありません。プライオリティ・パスやVisaゴールドカード優待など使い勝手の高い優待サービスは大いに魅力ですし、それを評価するユーザーもいます。ただし、旧シティカード時代と比べてサービスの質が低下したことを嘆くユーザーも少なくなく、ライバルのゴールドカードに比べて年会費が高いという意見も多いです。

例えば三井住友VISAゴールドカードは年会費こそ11,000円ですが、年会費割引の優遇サービスを利用できますし、同じく年会費11,000円のJCBゴールドはゴールドカード最高クラスの補償が付帯するなど、特筆すべき特徴が多々ありますが、TRUST CLUB ゴールドカードの場合は、プライオリティ・パス以外に大きな特徴がなく、「選ぶメリットがどれくらいあるか?」という基準となるべきサービスが、他のゴールドカードに比べて少ないという指摘もあります。

少なくとも、プライオリティ・パスを筆頭にどれだけ付帯サービスを利用することができ、13,200円(税込)という年会費の価値をどのように測るか? という点において、TRUST CLUB ゴールドカードそのものの評価も分かれてしまっているのが現状です。とはいえ、先述したように海外での使い勝手が高いことだけはたしかなので、海外にどれだけ行く機会があるのか? に応じて入会の是非を検討するのがベストです。

TRUST CLUB ゴールドカードの審査

TRUST CLUB ゴールドカードは審査難易度が高めです。25歳以上からでなければ申し込めず、かつ年収400万円以上という基準をクリアするのが大前提です。

TRUST CLUB ゴールドカードはVISAブランドのステイタスカード!当然ながら審査難易度は一般カードよりも高い!

TRUST CLUB ゴールドカードは正真正銘のVISAゴールドカードです。審査難易度は一般カードクラスのクレジットカードよりは高めになっているのは確実です。25歳以上・年収400万円以上という基準はあくまでも最低基準ということになりますので、基準をクリアしているだけで審査通過できるほど甘くはありません。クレジットやローンなどで支払いの遅延がないことはもちろん、他社からの借入額が多い場合は審査にも著しい影響を与えてしまいます。程よいクレヒスが構築されていることが審査通過の大前提とも言えますので、その点だけは十分に承知しておきましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードの還元率

TRUST CLUB ゴールドカードのポイント還元率は0.75%です。既述のとおり、100円で3ポイントが付与され、1ポイント0.25円の価値なので還元率は0.75%です。

ポイント交換先で年会費充当を選べばTRUST CLUB ゴールドカードのポイント還元率が1.215%に跳ね上がる!

ポイントは、交換先の共通ポイントやアイテム、ギフト券など交換した場合に1ポイントあたりどのくらいの価値で交換できるか? によって算出されます。TRUST CLUB ゴールドカードのポイントは、共通ポイントやアイテム、ギフト券といった交換先のほか、キャッシュバックや年会費充当といった交換先も選ぶことができます。

その中で唯一、年会費充当を選ぶと1ポイントあたり0.405円の価値で交換することができるので、100円=3ポイントのTRUST CLUB ゴールドカードなら「0.405×3=1.215%」という高還元率カードに化けます。ポイントの移行先を選ぶのはユーザーの自由ではありますが、年会費への充当を選択したほうがお得度が高いです。

TRUST CLUB ポイントモールでネット通販がお得になる!

TRUST CLUB ゴールドカードを使って、「TRUST CLUB ポイントモール」経由でネットショッピングをするとボーナスポイントやキャッシュバックでさらにお得です。普段からネット通販を多様している方は、「TRUST CLUB ポイントモール」を積極的に活用しましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードはボーナスポイントとして毎年最大6,000ポイントが手に入る!

TRUST CLUB ゴールドカードには、ボーナスリワードプログラムが適用され、年間の利用額に応じて次年度にボーナスポイントが付与されます。ボーナスポイントは、年間利用額50万円以上で2,500ポイント、年間利用額100万円以上で6,000ポイントです。ちなみに6,000ポイントを目指すのも決してハードルは高くありません。カードで年間利用額100万円というのは1ヶ月あたり83,000円強なので、スマホ代を始めとした通信費や光熱費、食費などなど、各支払いをTRUST CLUB ゴールドカードに集約しておけば確実にクリアできる範囲です。

TRUST CLUB ゴールドカードのポイント

TRUST CLUB ゴールドカードは、「TRUST CLUB リワードプログラム」というポイントプログラムを利用することができます。「TRUST CLUB リワードプログラム」の最大のメリットは有効期限がないという点です。

TRUST CLUB ゴールドカードは有効期限を気にしないで貯められる!共通ポイントや各種ギフト券など好きな交換先を選べる

TRUST CLUB ゴールドカードで貯めたポイントは有効期限がないので、好きなだけたっぷり貯めることができます。またポイントの交換先も比較的多いので、好きな交換先を選べるというのも魅力です。

TRUST CLUB リワードプログラムの交換先
交換先 交換レート 1ポイントの価値
商品交換(アイテム) アイテムにより異なる 概ね1P=0.25円相当
楽天スーパーポイント 4,000P→1,000円分 0.25円
Tポイント 4,000P→1,000円分 0.5%
Amazonギフト券 8,000P→2,000円分 0.25円
スターバックスカードチャージ 8,000P→2,000円分 0.25円
JTB旅行券 20,000P→5,000円分 0.25円
びゅう商品券 20,000P→5,000円分 0.25円
HIS商品券SKY 20,000P→5,000円分 0.25円
スターバックスカード 20,000P→5,000円分 0.25円
JCBギフトカード 20,000P→5,000円分 0.25円
キャッシュバック 8,000P→2,000円分 0.25円
年会費への充当 32,000P→12,960円分 0.405円

先述したように、年会費への充当を選べばもっとも高還元率で利用できます。交換先に関して特にこだわりがないのであれば、年会費への充当がおすすめです。

TRUST CLUB ゴールドカードと電子マネー

TRUST CLUB ゴールドカードでチャージできる電子マネーは、モバイルSuica・SMART ICOCA・楽天Edyです。

TRUST CLUB ゴールドカードでの楽天Edyチャージはポイント付与対象外になっているので注意!モバイルSuicaとSMART ICOCAはポイント対象!

TRUST CLUB ゴールドカードではモバイルSuicaやSMART ICOCA、楽天Edyへのチャージに対応していますが、このうち楽天Edyについてはチャージ分のポイント付与は対象外となっています。モバイルSuicaやSMART ICOCAはチャージでポイントが貯まります。

TRUST CLUB ゴールドカードの空港ラウンジサービス

TRUST CLUB ゴールドカードには、国内空港ラウンジサービスとプライオリティ・パスが付帯します。ご存知のように、プライオリティ・パスは世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる便利なサービスです。通常、プライオリティ・パスはプラチナカードクラスでなければ付帯しておらず、ゴールドカードでプライオリティ・パスが付帯するのは貴重です。

TRUST CLUB ゴールドカードはプライオリティ・パスのスタンダードカインが年会費無料!国内空港ラウンジは31空港が対象!

TRUST CLUB ゴールドカードに付帯するプライオリティ・パスは、通常99USドルの年会費がかかる「スタンダード」会員が付帯します。TRUST CLUB ゴールドカードの会員なら年会費無料で利用できるのでお得です。ちなみにスタンダード会員の場合は都度料金として、本会員及び同伴者ともに32USドルがかかります。

プライオリティ・パスの会員プラン比較
プラン 年会費 ラウンジ利用料 同伴者利用料
スタンダード 99USドル 32USドル 32USドル
スタンダード・プラス 299USドル 10回まで無料
(11回目以降32USドル)
32USドル
プレステージ 429USドル 無料 32USドル

付帯するのはもっとも低い「スタンダード」ではありますが、アメックス・グリーンと同じプランです。海外の空港ラウンジをそれこそ頻繁に利用されるなら「スタンダード・プラン」や「プレステージ」がおすすめですが、年に数回程度の利用であれば「スタンダード」でも十分です。

また、国内空港ラウンジサービスでは、国内31空港+海外2空港が対象となります。31空港が対象となっている空港ラウンジサービスはレアです。通常は国内28空港、もしくは29空港が対象となっているケースがほとんどなので、国内の空港ラウンジに関してもTRUST CLUB ゴールドカードの秀逸さが際立っています。

PICK UP

【メモ】TRUST CLUB ゴールドカードの空港ラウンジサービスはは国内31空港+海外2空港

【対象となる空港】
新千歳/函館/旭川/青森/秋田/仙台/成田国際/羽田/新潟/富山/小松/中部国際/富士山静岡/関西国際/伊丹/神戸/岡山/広島/米子/出雲縁結び/山口宇部/徳島/高松/松山/福岡/北九州/大分/長崎/熊本/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル国際/韓国・仁川国際

TRUST CLUB ゴールドカードの付帯保険

TRUST CLUB ゴールドカードには、最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険、年間最高500万円のバイヤーズプロテクションが付帯しています。さらに、先にも少し触れていますが、「海外緊急アシスタンスサービス」という優れたサポートも利用できます。

TRUST CLUB ゴールドカードはショッピング補償の充実度が高い!海外緊急アシスタンスサービスは渡航先でのトラブルに備えられる!

TRUST CLUB ゴールドカードに付帯する補償内容は以下のとおりです。

TRUST CLUB ゴールドカードの海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険内容 補償内容
傷害死亡 最高7,000万円
後遺障害 最高7,000万円
傷害治療費 最高200万円
疾病治療費 最高200万円
賠償責任保険 3,000万円
携行品損害 1旅行中30万円
救援者費用 100万円
海外緊急アシスタンスサービス ・エマージェンシーアシスト
・海外からの緊急医療相談サービス
・キャッシュレス・メディカル・サービス

TRUST CLUB ゴールドカードの付帯保険の中でもっとも充実度の高いのがこの海外旅行傷害保険です。特に、「海外緊急アシスタンスサービス」はとても心強いサービスです。

ただし、「傷害治療費」や「疾病治療費」の補償が最高200万円しかないので、TRUST CLUB ゴールドカード1枚だけで海外へ行くのは危険です。海外の医療機関で治療を受けると数百万円になってしまうケースもありますので、旅行傷害保険の保険へ加入したり、旅行傷害保険が付帯する他のクレジットカードも併用するなどしましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードの国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険内容 補償内容
傷害死亡 最高7,000万円
家族特約:最高1,000万円
後遺障害 最高7,000万円
家族特約:最高1,000万円
傷害入院 ×
手術 ×
傷害通院 ×

家族特約の付帯する国内旅行傷害保険は、補償範囲が「傷害死亡・後遺障害」しかありません。ゴールドカードであれば入院や通院、手術などの補償もほしいところですが、それが付帯しないの残念です。TRUST CLUB ゴールドカードの国内旅行傷害保険については、「おまけ」程度に考えておくのがいいでしょう。

TRUST CLUB ゴールドカードのショッピング補償
保険内容 補償内容
バイヤーズプロテクション 年間500万円

ショッピング補償は、年間最高500万円のバイヤーズプロテクションです。この補償に関してはゴールドカードらしさを感じます。もちろん、海外でも国内でも補償されるので、カードショッピングのトラブルに備えることができます。

TRUST CLUB ゴールドカードの追加カード|ETCカードや家族カード

TRUST CLUB ゴールドカードでは、追加カードとしてETCカードや家族カードの発行が可能です。ETCカードも家族カードも発行手数料や年会費は無料です。

TRUST CLUB ゴールドカードなら家族カードの年会費が無料!発行枚数が多ければ実質年会費も下がる!

TRUST CLUB ゴールドカードは家族カードの年会費が無料なのが大きなメリットです。本会員の年会費は13,200円(税込)ですが、家族カードが年会費無料なら1枚あたりの実質負担も少なくなりお得です。例えば、本会員+家族カード2枚なら計3枚ですから、1枚あたり4,400円(税込)の年会費負担で済む計算ですし、計4枚なら1枚あたり3,300円(税込)で済みます。

TRUST CLUB ゴールドカードの締め日と支払日

TRUST CLUBカードは、すべて毎月15日締めの翌月10日支払いとなっています。ただし、金融機関によっては支払日が8日になることもありますので、事前チェックは必須です。

TRUST CLUB ゴールドカードのようなステイタスカードは支払い遅延がないように十分注意!

クレジットカードの支払日をうっかり忘れてしまって支払いが遅延してしまうのは信用情報的にもNG行為ですが、TRUST CLUB ゴールドカードのようなステイタスカードであればその点にも特に注意が必要です。クレジットカードというのは個人の信用度に基づいて発行されていますので、その信用が揺らいでしまうとカードの所持もどんどん難しくなってしまいます。

カードのステイタス性が高ければ高いほど個人に求める信用度も上がっていきますので、一度の遅延がきっかけで限度額の減額やカード解約ということに繋がりかねません。「支払日=約束の日」でもあるので、約束を守ることを大前提に利用するようにしましょう。

TRUST CLUB ゴールドカードの紹介まとめ

TRUST CLUB ゴールドカードは、プライオリティ・パスが付帯するコスパの高いゴールドカードです。13,200円(税込)という年会費も、プライオリティ・パスの年会費(99USドル)が無料になるのでそれで相殺できてしまいます。海外の空港ラウンジをたびたび利用するという方にとっては、高いポテンシャルを発揮してくれる1枚となります。

TRUST CLUB ゴールドカードなら高還元率でも利用できる!手荷物宅配サービスなど優待サービスも充実

TRUST CLUB ゴールドカードは基本還元率0.75%、貯まったポイントの移行先で年会費充当を選べば還元率1.21%で利用できる高還元率カードです。また、付帯特典もプライオリティ・パスばかりに目が行きがちですが、Viasゴールドカード特典や手荷物宅配サービスほか、コナミスポーツクラブでの優待や年間500万円補償のバイヤーズプロテクションなど、その他の特典も充実度が高いです。25歳以上から申し込めるオトナのためのゴールドカードとして、クオリティの高いベネフィットを備えています。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

最短即日で作れるクレジットカード!審査が不安な方にもおすすめ

コンシェルジュサービスが付帯するMastercard最上位グレードカード!

ブラックカードクラスのプレミアムな1枚!純金のカードフェイスと多彩な優待が魅力

法人カードの最高峰!24金仕上げの券面とプレミアム感がある会員特典が魅力

マットブラックの金属製カードと上質な会員特典が魅力の法人カード

マスターカード最高峰の富裕層向けブラックカード!

マスターカード最高峰の金属製ブラックカード!富裕層向け特典が満載!

年会費がリーズナブル!グルメやトラベル特典が多彩な格安プラチナカード

年会費と優待特典のバランスが良い!法人ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

プライオリティ・パスが付帯するVISAのゴールドカード!

海外でも国内でも幅広く使えるマルチカレンシー・プリペイドカード

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 25歳以上・年収400万円以上
国際ブランド VISAカード 
年会費(初年度) 13,200円(税込) 年会費(2年目) 13,200円(税込)
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 無料
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 2~3週間
利用限度額(下限) 80万円 利用限度額(上限) 125万円
利用限度額備考
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
支払い
キャッシング手数料 ATM手数料:1万円以下は110円(税込)/1万円超は220円(税込)
締め日 15日 引落日 10日(金融機関によっては8日)
支払い方法 1回/2回/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
キャッシング金利 15.0%~20.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム TRUST CLUB リワードプログラム
ポイント還元率 0.75%~
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 4,000ポイント
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高7,000万円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
海外旅行保険「傷害治療」 200万円
海外旅行保険「携行品損害」 1旅行中30万円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高7,000万円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 200万円
海外旅行保険「賠償責任」 3,000万円
海外旅行保険「救援者費用」 100万円
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 バイヤーズプロテクション:年間500万円
その他
特典
航空ラウンジ 国内31空港+ハワイ/韓国
プライオリティパス スタンダード会員年会費無料
手荷物宅配 手荷物宅配サービス
コンシェルジュデスク
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

個人情報保護方針をご確認・同意の上、送信ボタンを押してください。