JAL普通カードOPクレジット(JCB)

JALマイルと小田急ポイントがWで貯まる!PASMOオートチャージサービス対応のJALカード!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,200円(税込)
還元率 0.5%~ 発行日数 4週間程度

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJAL普通カードとOPクレジットカードの一体型!通常ショッピングでJALマイルが貯まり小田急ポイントサービス加盟店で小田急ポイントとマイルを二重取りOK!小田急ポイントサービス加盟店なら還元率最大10%でマイル還元率とあわせて10.5%!PASMOオートチャージサービスにも対応しており小田急ユーザーのJALマイラー必携の1枚!

二重取り JALマイルと小田急ポイントの二重取りができる
高還元率 小田急ポイントサービス加盟店なら還元率最大10%!
PASMO PASMOオートチャージサービスに対応で乗車ポイントも貯まる

JAL普通カードOPクレジット(JCB) こんな人におススメ

  • 小田急線利用者でJALマイラーの方
  • 小田急ポイントサービス加盟店を利用しておりJALマイルも貯めたい方
入会限定キャンペーン

JALカード入会キャンペーン!新規入会&ご利用条件クリアで最大12,500マイルプレゼント!

2022-04-01~2022-06-30

JAL普通カードOPクレジット(JCB)|評判と特徴、審査基準を徹底解説

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の特徴

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、JALマイルと小田急ポイントの両方を貯めることができます。JALマイラーなら必携のJALカードと、小田急線利用者なら必携のOPクレジットが一体となったお得で便利なカードとして人気です。そんなJAL普通カードOPクレジット(JCB)の特徴についてご紹介していきます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の年会費は初年度無料!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は通常年会費2,200円(税込)で、初年度の年会費は無料になっています。JAL普通カードとOPクレジットの一体型カードですが、年会費についてはJAL普通カードに準じます。

通常のOPクレジットの年会費は550円(税込/実質無料可)ですので、一体型とはいえ両者の年会費が合算されるわけではなく、JAL普通カードの年会費だけで所有できるのが魅力です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJAL普通カードとOPクレジットの一体型カード!JALマイルと小田急ポイントが貯まる!

JAL普通カードの機能とOPクレジットの機能が搭載されているJAL普通カードOPクレジット(JCB)なら、JALマイルと小田急ポイントの両方を二重取りできます。

通常ショッピングの場合
JALマイル 200円ごとに1マイル付与(0.5%)、JALカード特約店で200円ごとに2マイル(1.0%)
小田急ポイント 小田急百貨店ほか、小田急ポイントサービス加盟店にて小田急ポイントが貯まり、還元率は最大10%
※マイルとの二重取り可能

小田急ポイントサービス加盟店で最大10%の還元率になるOPクレジットのメリットはそのままなので、非常にお得です。通常ショッピングでもJALマイルを獲得でき、小田急ポイントサービス加盟店での利用ならマイルと小田急ポイントの二重取りができます。

高還元率で利用するためにもJALカードショッピングマイル・プレミアムへの加入がおすすめ

JAL普通カードでは、上記のように通常ショッピングのマイル還元率が0.5%、JAL特約店で1.0%となります。しかし、別途年3,300円(税込)を負担して「JALカードショッピングマイル・プレミアム」というサービスへ加入すると、もっとお得にマイルを獲得できるようになります。

「JALカードショッピングマイル・プレミアム」なら、通常200円=1マイルのレートが100円=1マイルと2倍のレートにアップしますし、JAL特約店なら還元率2.0%になります。3,300円というサービス年会費こそ負担しなければなりませんが、貯めたマイルを特典航空券へ交換するのであれば1マイルあたり2円以上の価値になりますので、最低でも年間30万円ほどのカード利用が損益分岐点となります。

年間30万円程度のハードルであればまったく問題なくクリアできてしまいますので、せっかくJAL普通カードOPクレジット(JCB)を所有するなら加入しておいて損のないサービスです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJALマイルと小田急ポイントの相互交換もできる!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)なら、貯めたJALマイルと小田急ポイントとを相互に交換することもできます。

JALマイルから小田急ポイントへ交換 10,000マイル→10,000ポイント
小田急ポイントからJALマイルへ交換 2,000ポイント→1,000マイル

JALマイルから小田急ポイントへの交換は10,000マイル単位で等価交換が可能です。

小田急ポイントからJALマイルへの交換は2,000ポイント→1,000マイルです。一見すると移行レートが悪く思えますが、1マイルあたりの価値は2円以上ですので、移行レートとしては悪くありません。

いずれにしても、貯めたマイルを小田急ポイントへ交換するよりも、小田急ポイントをマイルへ交換した方がお得感は高いですし、そもそもJALカードを利用するということ自体がマイルを貯めることを目的としているわけですから、マイル→小田急ポイントの移行レートがやや低めでもそれほどのデメリットはありません。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)ならPASMOオートチャージにも対応!

OPクレジットはPASMOオートチャージサービスに対応していますが、JAL普通カードOPクレジット(JCB)でもその機能は健在です。もちろん、チャージ分の利用額は通常ショッピングとして扱われますので、JALカードのショッピングマイルを獲得することができます。

PASMOオートチャージサービスに登録しておけば最大7.0%の乗車ポイントを獲得できる

OPクレジットといえば、PASMOオートチャージサービスに登録しておけば小田急線の乗車ポイントが最大7.0%の還元率で付与されることでも人気ですが、もちろん、JAL普通カードOPクレジット(JCB)も対象です。月間の累計運賃によって0~7%乗車ポイントを獲得できるサービスで、小田急線の利用頻度が高い人ほどお得です。

小田急線の対象施設でPASMOを利用すると小田急電子マネーご利用ポイントが貯まる

小田急線の自動販売機や駅売店などをPASMOで利用すると、1か月分のPASMO利用額の1%が「小田急電子マネーご利用ポイント」として還元されます。PASMOオートチャージサービスへ登録していれば自動で適用される便利でお得なサービスです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)ならJALカードの優待特典もOPクレジットの優待特典も利用OK!Wでお得!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJAL普通カードとOPクレジットカードの一体型ということもあり、両者の優待特典を利用できるのも特徴です。

JAL普通カードの主な特典 OPクレジットの主な特典
☆入会・継続・搭乗ごとのボーマスマイル
☆JAL機内販売10%OFF
☆国内空港店舗や空港免税店で割引
☆ホテルニッコー&JALシティの割引・特典
☆JALパック割引
☆JALビジネスきっぷ
☆OPカード提示優待サービス
☆チケット優待サービス
☆エキスプレス予約サービス
☆小田急まなたび
☆小田急あんしんグーパスIC

付帯する優待特典は、それぞれJAL普通カードやOPクレジットカードでおなじみの特典となります。これらをWで利用できるのは大いに魅力です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)には旅行傷害保険が自動付帯!ショッピング保険は海外のみ付帯!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)には、最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯しています。旅行傷害保険は、海外・国内ともに自動付帯というのも嬉しい特徴です。ショッピング保険は年間最高100万円までの補償が付帯しています、ちなみに補償範囲は海外利用のみです。保険の補償については、注意点を中心に後ほど詳述します。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、こんな人におすすめ

ここからはJAL普通カードOPクレジット(JCB)をおすすめできる人について解説していきます。

小田急線や小田急グループ利用者でJALカードを試してみたい方にJAL普通カードOPクレジット(JCB)がおすすめ!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、小田急線利用者や小田急百貨店などの小田急ポイントサービス加盟店を利用する人におすすめです。さらに、JAL普通カードとの一体型でもありますので、「小田急線や小田急ポイントサービス加盟店のユーザーであり、かつJALカードを試してみたい人」におすすめです。

JAL普通カードなら初年度年会費無料で、JALカードの基本的なサービスを利用できますから、「JALカードがどんなものか試してみたい」という初心者向けのJALカードとしてうってつけです。小田急ユーザーでJALマイラー初心者であれば、まずはJAL普通カードOPクレジット(JCB)がイチオシです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のメリット

それでは、ここまでご紹介したJAL普通カードOPクレジット(JCB)の特徴等を踏まえ、JAL普通カードOPクレジット(JCB)のメリットについてまとめておきましょう。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJAL普通カードとOPクレジットカードの一体型でお得!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の主なメリットは次のとおりです。

メリット

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のメリット

  • 初年度の年会費が無料で発行できる
  • ショッピングでJALマイルが貯まる!
  • 小田急ポイントサービス加盟店で小田急ポイントとマイルの二重取り
  • JAL普通カードの特典とOPクレジットの特典がダブル付帯!
  • PASMOオートチャージサービス対応でマイルも貯まる!
  • PASMOオートチャージサービス登録で乗車ポイントや電子マネー利用ポイントが貯まる
  • 最高1,000万円の旅行傷害保険が自動付帯

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、小田急線利用者のJALマイラーにとってメリットの高いカードです。JALマイルと小田急ポイントが貯まり、PASMOオートチャージサービスにも対応している機能性の高い1枚です。もちろん、JAL普通カードとOPクレジットカードの両方の特典を利用できます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のデメリット

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のデメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  1. 旅行傷害保険の補償が乏しい
  2. カード年会費以外にもオプションサービスの年会費が必要
  3. フライトを中心にマイルを獲得したいならコスパが悪い

では、以下に解説していきます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の付帯保険は補償が乏しい!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)には海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しています。それぞれ最高1,000万円の補償ですが、これは「傷害死亡・後遺障害」の補償です。海外旅行傷害保険であれば、もっとも重要となるのが「傷害治療費」や「疾病治療費」ということになりますが、JAL普通カードOPクレジット(JCB)ではこれらの補償が付帯していません。旅先のアクシデントに備えるという点では心細い内容です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はオプションサービスで別途年会費が必要

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の年会費は2,200円(税込/初年度無料)ですが、マイル還元率をアップできる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」や区間マイルを100%にすることのできる「JALカード ツアープレミアム」といったオプションサービスがありますが、「ショッピングマイル・プレミアム」なら3,300円(税込)、「ツアープレミアム」なら2,200円(税込)の年会費が別途発生してしまいます。

「ショッピングマイル・プレミアム」加入時ならカード年会費とあわせて5,500円(税込)、「ツアープレミアム」にも加入すると7,700円(税込)の年会費負担となってしまいます。オプションサービスへ加入する際は、利用頻度などを含めて損益分岐点もしっかりと把握しておかないと、逆に損をしてしまうこともあるので注意しましょう。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は空マイラーにはおすすめできない!空マイラーなら上位カードの利用がおすすめ

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、JALカード初心者向けのJAL普通カードがベースとなっていますので、特にフライトを中心にマイルを貯める空マイラーにはおすすめできません。フライトボーナスマイルもそれほど高くありませんので、フライトを中心にマイルを貯めたいのであればさらにフライトボーナスマイルの充実したJAL CLUB-AカードOPクレジット(JCB)以上の上位カードをおすすめします。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の評判

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、JAL普通カードがベースとなっているのでお試し感覚で利用してみたい人などJALカード初心者におすすめです。陸マイラーであればJAL普通カードでも十分にマイルを貯めることができるので、小田急線や小田急グループ利用者必携のOPクレジットカードとの組み合わせとしても申し分ありません。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJALカード初心者や陸マイラーの小田急ユーザーから評判が良い!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、小田急ユーザーのJALマイラーからは相応の評価を獲得している、評判の良いカードです。先述したようにJAL普通カードがベースなのでフライトを中心にマイルを獲得したい人には不向きですが、日常のショッピングなどでマイルを貯めたい「陸マイラー」なら活用度が高いです。

評判の良い点 評判の良くない点
・普段から小田急線を使ているので便利!マイルが貯まりやすい
・それほどフライトを利用しないのでJAL普通カードがベスト
・小田急ポイントをマイルに交換できて便利だと思う
・小田急ポイントの加盟店でマイルも二重取りできる
・国際ブランドがJCBしかない
・ステータスがない

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は一般カードクラスであり、かつ交通系のクレジットカードということもありますので、ステータスがなくても問題ありません。また、国際ブランドがJCBしか選べなくても、国内では使い勝手に困ることはありませんし、アメックス、ダイナース、ディスカバーカード、銀聯などとも提携しているので、ヨーロッパ以外であれば使い勝手に困りません。

そうした悪い点よりも、むしろ利便性の高さの方が圧倒的に評価が高いです。小田急ユーザーおよびJALマイラーなら必携のクレジットカードです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の審査

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の入会基準は、高校生を除く18歳以上からとなっていますので、申し込みのハードルは低めです。航空系のクレジットカードは審査難易度がやや高いともいわれますが、少なくとも通常のクレジットカード審査に通過できるだけの属性であれば問題ありません。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の審査難易度はそれほど高くない!でも審査が甘いわけではないので注意

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、入会基準もハードルが低いので審査難易度自体もそれほど高くはありません。しかし、だからといって審査が甘いというわけではないので注意してください。少なくとも、カードローン等の借り入れが多い場合や過去に遅延や延滞などの経験があると、審査にも影響します。そういったケースではあっけなく審査落ちしてしまうので、申し込みの際には自身のクレヒス(クレジットヒストリー=信用情報)についても意識しておくことが大事です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の還元率

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のポイント還元率は、JAL普通カードとしての基本還元率が0.5%(200円=1マイル)、JAL特約店での利用なら1.0%(200円=2マイル)、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入なら倍の還元率で利用できます。また、OPクレジットカードとしての還元率は、小田急百貨店で最大10%など、小田急ポイントサービス加盟店で高還元率な利用ができます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の還元率アップならJALカードショッピングマイル・プレミアムへの加入必至!

お伝えしていますように、JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJAL普通カードがベースなので、還元率アップには「JALカードショッピングマイル・プレミアム」の加入が重要なカギを握ります。せっかくJALカードを所有するのですから、できるだけ効率的にマイルを獲得できた方がいいに決まっていますので、別途3,300円(税込)のサービス年会費を負担してでも加入しておく価値はあります。加入することで、基本還元率が1.0%にアップし、JALカード特約店でのショッピングなら還元率が4倍(2.0%)と非常にお得感が増します。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)なら小田急ポイントサービス加盟店で高還元率!マイルと二重取り可能!

OPクレジットカードの機能を搭載したJAL普通カードOPクレジット(JCB)なら小田急百貨店で5%~10%など、小田急ポイントサービス加盟店で高還元率な利用ができます。しかも同時にJALカードとしてショッピングマイルも獲得できますので、小田急ポイントとJALマイルを二重取りすることもできます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はPASMOオートチャージサービスへの登録がお得!還元率0.5%でマイルが貯まる

JAL普通カードOPクレジット(JCB)なら、PASMOオートチャージサービスにも対応しています。しかも、オートチャージされた利用額分についても、200円=1マイルを獲得できます。PASMO利用分でもそつなくマイルを獲得できるのは魅力です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のPASMOオートチャージサービス登録で還元率最大7%の乗車ポイントが貯まる

また、OPクレジットカードはPASMOオートチャージサービス登録で小田急乗車ポイントを獲得できることでも人気の高いカードですが、JAL普通カードOPクレジット(JCB)でもその機能を利用できます。

小田急乗車ポイントは、毎月1日~末日までの対象運賃によって付与率が決定します。

月間の運賃 ポイント付与
0円 0%
1,360円~ 1%
5,000円~ 2%
10,000円~ 3%
15,000円~ 5%
20,000円~ 7%

月間1,350円以上の利用があれば1%、2万円以上なら7%も還元されます。PASMOオートチャージサービスに登録しておけば自動的に適用される嬉しいサービスで、貯まった乗車ポイントは小田急ポイントとして利用できます。

PASMOの利用で電子マネーご利用ポイントも獲得できる!還元率1.0%でお得!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)なら、PASMOオートチャージサービスへ登録しておくことでさらにお得です。小田急線に設置されている駅売店や自動販売機などをPASMOで利用するだけで、「小田急電子マネーご利用ポイント」も貯まります。還元率は1.0%なので、比較的高還元率で獲得できるのが特徴です。もちろん、獲得した「小田急電子マネーご利用ポイント」は小田急ポイントとして利用可能です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のポイント

JAL普通カードOPクレジット(JCB)で利用可能なポイントプログラムは、JALカードとして「JALマイレージバンク」、OPクレジットカードとして「小田急ポイント」です。上述のとおり、JALマイルなら還元率0.5%~2.0%、小田急ポイントなら小田急ポイントサービス加盟店で最大10%で利用できます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)で貯めた小田急ポイントは賢く使おう!1ポイントから使えて便利

JALマイルなら、特典航空券や座席アップグレードなどの使い方がおなじみですので、ここではJAL普通カードOPクレジット(JCB)で貯めた小田急ポイントの使い道についてお話します。

まず、小田急ポイントの使い道としては、以下のようなものがあります。

  1. 小田急ポイントサービス加盟店のショッピングに充当
  2. 小田急ポイントカード会員専用商品と交換
  3. JALマイルに交換

小田急ポイントサービス加盟店のヘビーユーザーであればショッピングに充当させてしまうのがもっとも利便性の高い使い方です。

ただし、せっかくJALカードとの一体型を利用しているのですから、JALマイルに交換してしまうという選択肢も大いにアリです。

小田急ポイントからJALマイルへの交換も決して悪いレートではない

小田急ポイントからJALマイルへの交換は、2,000ポイント=1,000マイルというレートです。移行は2,000ポイント単位となっていて、移行に上限がないのもメリットです。

2,000ポイントで1,000マイルというレートは、一見すると等価交換ではないので、ちょっと悪レートのようなイメージを抱いてしまうかもしれませんが、マイルの価値は1マイル=2円以上です。特典航空券などであれば1マイルあたり3円超にもなります。

したがって、小田急ポイントをマイルへ移行する理由が特典航空券などに交換するためのものであるとすれば、等価交換どころかそれ以上にお得な移行レートとなるので、損は一切ないことになります。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)と電子マネー

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、PASMOオートチャージサービスに対応しているなど電子マネーとの相性はまずまずです。既述のとおり、PASMOオートチャージサービスへ登録しておけば小田急乗車ポイントや電子マネー利用ポイントなども獲得できるので、非常にお得かつ便利な使い方ができます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)なら事前チャージ式電子マネーにも対応!ただしマイル付与はナシ

JAL普通カードOPクレジット(JCB)では、以下の電子マネーへチャージできます。

  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • nanaco
  • 楽天Edy

ちなみに、おさいふPontaへのチャージも可能ですが、おさいふPonta自体が2020年8月でサービスを終了してしまうので、ここでは除外しておきます。

これらプリペイド式電子マネーのチャージにも対応しているのはメリットですが、これらのチャージ分はマイル付与の対象外ですので注意してください。電子マネーチャージでマイルが貯まるのは、PASMOオートチャージだけです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の付帯保険

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の付帯保険は、JAL普通カードと同じものが付帯します。最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しますが、ショッピング保険は海外ショッピング利用時のみ年間最高100万円の補償を受けられます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の補償は充実度ナシ!旅行用には不向き

デメリットの章でもお話しましたが、JAL普通カードOPクレジット(JCB)の旅行傷害保険は補償が乏しいので、旅先のアクシデントに備えるという点では不向きです。旅行傷害保険の充実したクレジットカードを別途所持していくのがおすすめですし、必要があれば保険会社で提供している旅行保険に加入しておくのもおすすめです。

では、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の補償内容をみてみましょう。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の付帯保険
保険種類 保険内容 補償内容
海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療費
疾病治療費
賠償責任
携行品損害
救援者費用 100万円
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害入院
手術
傷害通院

補償は「傷害死亡・後遺障害」しかなく、海外旅行傷害保険に「救援者費用」が付帯されているだけです。旅先でケガや病気などのアクシデントに見舞われた際に必要な「傷害治療費」と「疾病治療費」も付帯していないので、JAL普通カードOPクレジット(JCB)だけで海外旅行へ出掛けるのはおすすめできません。旅行へ出掛ける際は、ぜひ先述したような保険加入などの対策を忘れないようにしてください。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の追加カード|ETCカードや家族カード

JAL普通カードOPクレジット(JCB)では、追加カードとして家族カードやETCカードの発行が可能です。小田急ポイントは本会員と家族会員のポイントが合算されますが、家族でマイルを貯めたい場合は「JALカード家族プログラム」への登録が必要です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は家族カード年会費1,100円で初年度無料!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の家族カードは1,100円(税込)で、最大8枚までの発行が可能です。もちろん、本会員の年会費が初年度無料ですので、家族カードの年会費もそれに準じます。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のETCカードは年会費無料!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)のETCカードは年会費無料で発行可能です。また、ETC利用分に関してもショッピングマイル付与の対象になるのも特徴的なメリットです。ETCカードの発行を希望する場合は、JAL普通カードOPクレジット(JCB)と同時申し込みが可能ですす、後から発行を希望する場合はJCBの会員サイト「MyJCB」から申し込みを行います。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の締め日と支払日

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の締め日と支払日は、

締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

以上のとおりです。

もともとJALカードもOPクレジットも締め日と支払日は同じ!JAL普通カードOPクレジット(JCB)へ切り替えた人も把握しやすく便利

締め日と支払日は、JALカードもOPクレジットカードも「15日締め/翌月10日支払い」なので、いずれかのカードからJAL普通カードOPクレジット(JCB)に切り替えた人でも把握しやすいのがメリットです。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)の紹介まとめ

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、JAL普通カードとOPクレジットカードが一体となった、小田急ユーザーのJALマイラーにおすすめの1枚です。特に、初年度年会費無料のJAL普通カードがベースということもありますので、陸マイラーやJALカードをお試し感覚で利用してみたい人から人気です。

JAL普通カードOPクレジット(JCB)はJALマイルと小田急ポイントが貯まる!特典もダブルでお得!

JAL普通カードOPクレジット(JCB)は、通常ショッピングではJALマイルが貯まり、小田急ポイントサービス加盟店で小田急ポイントとJALマイルを二重取りできます。また、JAL普通カードとOPクレジットカードそれぞれに付帯する優待特典も利用できるお得な1枚です。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

JAL普通カード

JALマイルが貯まりやすい基本カード!初年度年会費無料、入会時&搭乗時にボーナスマイルも進呈!

JALマイルと小田急ポイントがWで貯まる!PASMOオートチャージサービス対応のJALカード!

JAL普通カードと東急カードの一体型!マイルとポイントの二重取りが可能

JAL CLUB-Aゴールドカード

ショッピングマイルプレミアムでマイル還元率1.0%!区間フライトマイルにボーナスマイル、空港ラウンジ特典も魅力!

空を旅するJALマイラーのクレジットカード!ボーナスマイルとフライトマイルはゴールドカードと同じ!

アドオンマイルでマイル還元率4.0%!JCBプラチナの優待特典が利用できるJALカード最高峰のステイタス!最高1億円の旅行傷害保険にプライオリティ・パスも無料付帯!

学生専用のJALカード、充実した特典に加え区間積算マイルは100%!入会ボーナス&毎年初回搭乗ボーナスマイルも進呈!

(JCB) JMBカードにSuicaを搭載、チャージにもマイルを付与!初年度年会費、入会時&毎年初回搭乗にもボーナスマイル進呈!

JAL普通カードより区間マイル数が多い!Suica搭載、入会搭乗ボーナスや最高5,000万円の旅行保険も自動付帯!

JAL JCBカードのスタンダードモデル!初年度年会費無料で高還元率でマイルを貯められる!

JAL普通カードよりもボーナスマイルが充実!空マイラーにおすすめ!

東急カードが一体となったJALのゴールドカード!還元率最大11%!

ショッピングマイル・プレミアムでマイル高還元率!空港ラウンジサービスまで付帯する!

JALカードとJR東日本のゴールドカードが一体化!コスパ最強のゴールドカード!

マイル還元率1.0%で利用できるJALの学生カード!ツアープレミアムの年会費無料で入会OK!オリジナル特典もある!

通勤から旅行まで大活躍!小田急ポイントも貯まるJALのゴールドカード!

基本還元率1.0%!アドオンマイルで最大4.0%!プラチナ・コンシェルジュサービスなど贅沢な優待特典も豊富に付帯!プライオリティ・パスも無料!

ゴールドカード最高クラスの海外旅行傷害保険!JCBのゴールド特典も付帯するJALのゴールドカード!還元率1.0%!

フライトボーナスマイルが充実した小田急のOPクレジットカード一体型のJALカード!

アドオンマイルで還元率最大3.0%!空港ラウンジサービス同伴者1名無料で空港宅配サービスも付帯!

ゴールドカードと同等のボーナスマイル!海外・国内旅行傷害保険も充実!JCBの優待も利用OK!

ダイナースクラブの優待サービスが付帯したJALカード!基本還元率1.0%で世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方
国際ブランド JCBカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 2,200円(税込)
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 1,100円(税込)
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 4週間程度
利用限度額(下限) 個別に設定 利用限度額(上限) 個別に設定
利用限度額備考
発行会社 株式会社ジャルカード(株式会社JALカード)/小田急電鉄株式会社
支払い
キャッシング手数料
締め日 15日 引落日 10日
支払い方法 1回/2回/分割払い/ボーナス1回払い/リボ払い
キャッシング金利
ポイントシステム
ポイントプログラム JALマイレージバンク/小田急ポイント
ポイント還元率 JALマイル0.5%~
OP:0.5%~
ポイント有効期限 JALマイル:36ヵ月
OP:3ヵ月
最低交換単位 JALマイル:1,000マイル
OP:1ポイント
マイレージ
交換可能なマイレージ JALマイレージバンク
マイレージ還元率 小田急ポイント2,000ポイント→1,000マイル
最低交換単位 2,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/nanaco/楽天Edy
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高1,000万円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
海外旅行保険「傷害治療」
海外旅行保険「携行品損害」
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1,000万円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」
海外旅行保険「賠償責任」
海外旅行保険「救援者費用」 100万円
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 ショッピングガード保険:年間最高100万円(海外)
その他
特典
航空ラウンジ
プライオリティパス
手荷物宅配
コンシェルジュデスク
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

個人情報保護方針をご確認・同意の上、送信ボタンを押してください。