給湯器の寿命はどれくらい?交換時期と判断の目安

給湯器の寿命はどれくらい?交換時期と判断の目安

給湯器にも寿命があります。日々、お湯が出るのが当たり前の暮らしをしているとつい忘れがちですが、その日は必ずやって来ます。もし、ある程度年季が入った給湯器で何らかの不具合があるなら、寿命を知らせるサインともいえるでしょう。そもそも、給湯器の寿命とはどれぐらいで、具体的にはどのようなサインがあるのでしょうか。いよいよ交換の時期となったら必要なコストは等、詳しく調査しました。

給湯器の寿命は約10年

「この頃、給湯器の調子がおかしい。もしかして寿命?」と、お困りの人もいるかもしれません。

どんな機械にも必ず寿命がありますが、給湯器の寿命は約10年といわれています。もちろん、10年以下で故障することもありますし、20年近く持つケースもあり、必ずしも10年と決まっているわけではありません。

それでも給湯器の寿命は約10年といわれるのは、各メーカーがそのように設定しているからです。使い始めて10年ほどが経過するとリモコンに「888」または「88」という、点検や交換時期を知らせるエラーコードが表示されます。

これは「今後、いつトラブルが出てもおかしくありません。早めに点検、交換してください」というサインになります。つまり、多くのメーカーで給湯器は約10年で使えなくなるかもしれない=寿命は約10年という設定で製造されているのです。

給湯器の設置時期がわからない場合

給湯器の寿命は約10年だとしても「そもそもいつ設置されたのかわからない」というケースもあるでしょう。たとえば、賃貸住宅に住んでいると給湯器の設置時期は正確に把握しにくいものです。

もちろん、建物の築年数と同じ場合もあります。しかし、もしかしたら途中で給湯器を交換しているかもしれません。

不動産会社、家主に問い合わせれば設置時期はわかるでしょう。しかし、給湯器のトラブルは不動産会社がお休みの日でもおかまいなしにやって来ます。次のような自分で設置時期を確認する方法を知っておいて損はありません。

製品本体で製造年月を確認できる

どの給湯器でもフロントパネルや側面に製品名と製品番号が記載されています。製品名と製品番号をメーカーに問い合わせれば製造年月日を教えてもらえるでしょう。製造年月日がわかれば、それがおおよその設置時期と考えて問題ありません。製品名・製品番号の詳しい記載場所については、各社ホームページを参照してください。

参考リンク:製品名・製造番号の確認方法(ノーリツ)
参考リンク:製品本体の表示について(リンナイ)

交換時期も10年が目安

給湯器の寿命は約10年と聞いても、自分には関係ないと思っている人もいるかもしれません。しかし「給湯器の寿命が約10年というのはあくまでも目安でしょう?この前の故障もすぐ治ったし、まだまだ使えるはず」というような油断は禁物です。

給湯器を10年以上使い続けるというのは次のようなリスクがあり給湯器の交換時期も10年が目安なのは間違いありません。

経年劣化で故障のリスクが高まる

一見、調子良く作動している給湯器でも10年以上使用していると内部ではさまざまな経年劣化が起きています。寿命を過ぎても使用している給湯器は故障リスクが非常に高い状態です。いつ壊れてもおかしくないといえるでしょう。

かえって修理費が高額になる場合も

古い給湯器を故障のたびに修理していては修理費もふくらむ一方です。運良く故障はしなくても、経年劣化による交換が必要な部品の生産が中止になってしまったというケースもあります。「この前、修理したのにまた故障した!」というような年季の入った給湯器は思い切って交換してしまうのがおすすめです。

給湯器の寿命を予告する3つのアラート

じつは給湯器はいきなり寿命を迎えるわけではありません。寿命になるまでくつかのアラートを発信します。寿命が迫った給湯器は次のような誤作動を起こすことがあるので、見過ごさないようにしてください。

お湯が出なくなる

給湯器のスイッチを入れても水のままで、いくら待ってもお湯が出てくる気配がしないというのも寿命を告げるひとつのサインです。断水をしているわけでもなく、キッチンのガスコンロはつくのにお湯が出ない……となったら、給湯器の寿命を告げるアラートの可能性大です。

「いつもより温度設定を高くしたら、ぬるめのお湯が出た」と、そのまま放置するのはおすすめできません。ある程度はだましだまし使えても寿命を迎えるのは時間の問題です。

お湯が出ない理由が給湯器の寿命以外にあることも

お湯が出ないというのは給湯器の寿命を知らせる代表的なサインですが、次のように寿命以外の問題が原因になっていることもあるので注意しましょう。

凍結でお湯が出ない

凍結もまたお湯を出なくする原因のひとつです。給湯器本体には凍結防止機能がついていますが、配管などが部分的に凍結してもお湯が出なくなります。気温が上がり氷が溶けるのを待ちましょう。熱湯をかけるのは破損や故障の原因になるのでやめてください。

湿気でお湯が出ない

台風や大雨で給湯器の中に湿気がたまると点火がうまくいかず、お湯が出なくなることがあります。雨が止んだ後に給湯器を十分に乾燥させて様子を見てみましょう。

エラーコードが表示される

給湯器の操作パネル、リモコンなどに表示されるエラーコードにはさまざまなものがあります。なかでも修理点検が必要なことを知らせるエラーコードが頻繁に出るようになったら寿命が近づいているといえるでしょう。

エラーコードは2ケタまたは3ケタの数字なので、それだけでは素人では給湯器の中で何が起きているのかわかりません。エラーコードが表示されたらメモをとって各メーカーに問い合わせてみましょう。

参考リンク:問い合わせ・サポート(リンナイ)
参考リンク:お問い合わせサポート(パロマ)
参考リンク:お問い合わせ窓口一覧(ノーリツ)

挙動がおかしくなる

「お湯が出なくなる」「エラーコードが表示される」というようなわかりやすいサインの前に、次のようなおかしな挙動が見られることもあります。

これらも寿命を知らせるアラートといってよいでしょう。そのまま使い続けるのは危険を伴う場合もあるので、放置したままにするのはくれぐれもやめてください。

  • 給湯温度が不安定
  • 給湯器から異音
  • お湯の温度が上がらない
  • 追い焚きができない
  • 給湯器から発煙

給湯温度が不安定

お湯の温度が設定通りにならず、上がったり下がったりと不安定な状態です。「お湯の温度を一定に保つ」という基本的な機能が失われつつあるというのは給湯器の寿命がもう長くないことを意味します。

給湯器から異音

お湯を出そうとするたびに「ボッ」というような大きな音がするというのも給湯器の寿命を知らせるサインです。ガス臭を伴うこともあり、そのまま放置しているとガス漏れ等の危険な状態に陥りかねないので早めに対処してください。

お湯の温度が上がらない

お湯張りはできるものの、設定温度よりも低いお湯がたまる状態になっていませんか?「お風呂にお湯がたまるなら多少ぬるくても構わない」などと放置してはいけません。お湯の温度が上がらないというのはいつ給湯器が動かなくなってもおかしくない状態です。

追い焚きできない

お湯張りはできても追い焚きができないというのも給湯器の寿命が尽きかけているアラートです。

給湯器から発煙

給湯器本体から煙が出ているというのは不完全燃焼を起こしてい非常にる危険な状態です。ただちに使用を中止して交換を検討してください。

寿命を迎えた給湯器の交換費用の相場

給湯器の寿命が来たら業者に交換を依頼しなければいけません。この時、気になるのが交換費用です。一般的に給湯器の交換にはどれぐらいのコストがかかるのでしょうか。

給湯器の本体価格

給湯器のタイプ、大きさによって本体価格は異なります。たとえば、少人数の家族用の20型給湯器で屋外据え置き型、追い焚き機能つきのガス給湯器の相場は約30万円です。これにもし暖房機能も付けば約40万円になります。サイズが大きく、高機能になるほど当然のことながら高くなります。

しかし、実際には多くの業者がメーカー希望小売価格よりも30%〜60%割引をして提供しています。割引率も得意なメーカーも業者によって異なるのでまずは複数社に見積もりを依頼して検討してみてはいかがでしょうか。

給湯器の工事費用

給湯器の工事費用は3万円〜6万5千円が相場です。これは、現在試用している給湯器と同じタイプのより新しい給湯器に交換する場合の費用になります。

もし、給湯器を違うタイプにしたり、設置場所を変更したりする時には別途費用が必要です。また、最近話題のエコ給湯器を新たに導入するには、排水用の工事費用などもさらにかかります。

設置にお金はかかってもランニングコストなど長い目で見ればエコ給湯器はやはりお得です。給湯器の寿命を迎えたら思い切ってエコ給湯器に交換してみてはいかがでしょうか。

まとめ

給湯器の寿命は約10年といわれていますが、それよりも早くダメになることもあれば、もっと長く使える場合もあります。しかし、長持ちしているからといって安心はできません。どんなに頑丈に見える給湯器でも10年を過ぎればいつ動かなくなってもおかしくないのです。

頻繁に故障する古い給湯器を使い続けるのは、安全面からも費用面からもおすすめできません。給湯器の交換には何十万円とかかるので躊躇するのは当然のことです。

しかし、10年以上使っている給湯器であれば思い切って交換してしまうのが正解です。もし、古い給湯器に何らかの不具合があるなら交換時期が来たと考えて、この機会に新しい給湯器にしてみてはいかがでしょうか。

関連するコンテンツ

合わせて読みたいコンテンツ

エリアから給湯器業者情報を探す

目的からコンテンツを探す

給湯器交換見積もり広場給湯器交換見積もり広場
閉じる
↑
PAGE TOP