給湯器の異音を無視するのはNG!正常な運転音か異音か区別する方法などを解説

給湯器の異音を無視するのはNG!正常な運転音か異音か区別する方法などを解説

給湯器から異音が聞こえてきたら、無視するのはNGです。とくに10年近く使用しているような古い給湯器からの異音は注意してください。もはや給湯器は寿命でいつ停止してもおかしくない状態なのかもしれません。しかし「異音なのか正常な稼働音なのかわからない」などと迷うこともあるでしょう。その見分け方をはじめとして給湯器の異音についてまとめました。

給湯器から出ている正常な音

給湯器は稼働している時には何らかの音を発するものです。給湯器が音を発しているからといって故障しているとは限りません。

大事なのは正常な音と故障の可能性がある異音の判別といえるでしょう。給湯器から音が出ていても、次のようなものならとくに心配ありません。正常な稼働音には次のようなものがあります。

ブーン

給湯器のファンモーターが回転する音です。お湯を出し始めると聞こえてきます。給湯器の運転を停止した後もファンモーターは一定時間回転を続けるのでしばらくはブーンといっているかもしれませんが、次第に停止するようなら問題ありません。

ピヨピヨ

よく耳をすませると給湯器内部から非常に小さなピヨピヨという音がしていませんか?これは給湯器の作動音で、その証拠に電源をオフにすると聞こえなくなります。

ウーン

給湯器内部の循環ポンプが作動しているウーン、グワンといった音が出ます。お風呂に入っているとかすかな振動を伴って聞こえてくることもあり、違和感を覚える人もいるでしょう。

とくに寒い日には大きく聞こえますが、給湯器本体や配管の凍結を防ぐために循環ポンプが作動している証拠なので心配ありません。

クックック

キッチンの給湯ハンドルを操作するとクックックという音が聞こえることがあります。これは、お湯の温度を安定させるためにファンモーターが作動している音です。

ジュージュー

給湯器が作動してガスが燃焼すると、ガスに含まれていた水蒸気が給湯器の内部で結露します。この結露水が高温部分に触れてジュージューと音を立てることがありますが、これも正常な作動音のひとつです。

給湯器で注意が必要な異音

給湯器には正常な作動音がある一方で、注意しなければいけない異音もあります。よくある異音は次の通りです。

ピーッ

給湯器の燃焼に異常が発生していたり、ファンモーターに不具合があったりする時にする異音です。この音がした時は給湯器の内部部品が経年劣化で故障している可能性が高いため、業者に点検してもらうことをおすすめします。

ボンッ

給湯器が爆発的な着火を起こしている時に聞こえる異音です。音の後にガス臭がしたり、排気口から黒煙が出ていたりする場合、不完全燃焼の可能性が極めて高いといっていいでしょう。

いずれにせよ、ボンッという異音は非常に危険なサインなので、ただちに業者に見てもらうようにしましょう。

キーン

蛇口を閉めた後にキーンという金属音がする場合、蛇口の開閉によって配管内で異常な圧力変化が起きていると考えられます。水撃作用、ウォーターハンマー現象などと呼ばれる異常事態で放置していると水道管破裂のおそれがあるので、絶対に放置してはいけません。

ゴーッ

台風の後などに急にゴーッという異音がすることがありますが、強風で排気口から給湯器内部に異物が混入した可能性があります。異物混入は給湯器の能力を低下させるばかりか、不完全燃焼の原因にもなり大変危険です。すぐに業者に相談してください。

ポコンポコン

循環パイプ、熱交換器などに異物が詰まっていると、追い焚き時にボコンボコンという異音が発生することがあります。

循環フィルターの詰まりを除去しても止まらないようなら、業者に見てもらいましょう。放置していると熱交換器の交換が必要になるなど、コストがかかってしまうので要注意です。

正常な運転音か異音か区別する方法

以上のように給湯器はさまざまな音を発していて、正常な運転音もあれば異常を知らせる異音の場合もあります。異音なのかどうか判別しかねることも結構ありますが、そんな時は次のポイントをより細かくチェックするようにしてください。

音が給湯器のどこから聞こえるのか

音が聞こえるのは給湯器のどこからでしょうか。給湯器の前からなのか裏からなのか確かめてみましょう。また、お風呂に入っている時だけ聞こえるのか、部屋の中にまで響いてくる大きな音なのかどうかも問題です。逆に給湯器に耳を当てなければ聴こえないような小さい音という場合もあります。

給湯器の音が出るのはどういう時か

給湯器の運転の開始直後や停止後などにしばらく鳴ってやがて消えていく音の場合、通常の作動音であるケースも少なくありません。しかし、給湯器本体が振動している時に出る音や、追い焚きの時だけに聞こえる音は注意してください。その他、給湯と暖房運転を同時使用した時に音がする等「どういう時」に聞こえるのか確認しておきましょう。

給湯器の音の変化

給湯器からの音が一定でとくに変化がないなら、あまり心配ないかもしれません。しかし、音が高くなったり低くなったり変化しつつうなりを上げているようなら要注意です。給湯器からの音がどのように変化するのか、一定の時間、耳を傾けるようにしてください。

給湯器から異音がしたらココをチェック!

給湯器からの音が正常な動作音ではなく異音だった時、何らかの不具合が起きていると考えられます。

もし、爆発などの可能性がある極めて危険な状況なのであれば、一刻も早く対処しなくてはいけません。給湯器から異音がしたら緊急性が高い事態なのかどうか、次のポイントを確かめてください。

ガス臭の有無を確認

異音とともにガス臭がするようなら、ただちに給湯器のガス栓を閉め、電源を切りましょう。換気は窓を全開にして行い、爆発を誘発しかねない換気扇のオンは絶対にやめてください。

一酸化炭素中毒または給湯器本体が爆発する可能性があるので、ただちに業者に見てもらうようにしましょう。

リモコンのエラーコード表示をチェック

異音と同時に給湯器のリモコンに2ケタまたは3ケタの英数字からなるエラーコードが点滅していませんか?エラーコードは給湯器のどこにどんな不具合が起きているか表現しています。

給湯器メーカーの公式サイトなどにあるエラーコード一覧表からその意味を確認してみましょう。

排気口・排気管の異常を確認

排気口を塞いでいる異物をとりのぞいてもまだ異音がするようなら、排気管などで詰まりが起きている可能性があります。加えて不完全燃焼も疑われる危険な状態です。できるだけ早く業者に相談するようにしてください。

まとめ

普段はあまり意識することはないかもしれませんが、給湯器はさまざまな音を立てながら動いています。正常な作動音であれば問題ありませんが、異音がした時は注意しなければいけません。

くれぐれも「そのうち止むだろう」と放置するのはやめましょう。給湯器の異音は一酸化炭素中毒、爆発などの危険を告げるアラートの可能性もあるからです。また、10年近く使用しているような給湯器であれば寿命かもしれません。

少しでも違和感を覚えたらできるだけ速やかに業者に相談するようにしましょう。

関連するコンテンツ

合わせて読みたいコンテンツ

エリアから給湯器業者情報を探す

目的からコンテンツを探す

給湯器交換見積もり広場給湯器交換見積もり広場
閉じる
↑
PAGE TOP