給湯器の水漏れトラブルが起こる原因と対処法などを解説!確認すべきチェックポイントも

給湯器の水漏れトラブルが起こる原因と対処法などを解説!確認すべきチェックポイントも

給湯器から水漏れしていても「お湯が出てるから、まあいいか」などと放置してしまう人もいますが、絶対にやめましょう。そのままにしていては給湯器を交換せざるを得ない状況に陥るばかりか、一酸化炭素中毒の危険さえあるのです。

いったいなぜ・どこから水漏れが起きているのか、まずは確認したいチェックポイントなどを紹介しましょう。

給湯器の水漏れを放置してはいけない理由

水漏れはよくある給湯器トラブルのひとつです。しかし「よくあること」と放置していてはいいけないのも事実。水漏れは以下の理由から放置厳禁なのです。

一酸化炭素中毒につながる危険性

水漏れによって給湯器内部のバナーに水がかかると不完全燃焼が起きます。不完全燃焼は一酸化炭素を発生させ、一酸化炭素中毒を引き起こし大変危険です。

一酸化炭素は無臭・無職なので気づきにくいにもかかわらず、ほんの少量でも中毒性があります。一酸化炭素中毒のリスクさえある給湯器の水漏れは、けっして放置してよいものではないのです。

マンションやアパートでの水漏れは階下の住民とトラブルになることも

マンションやアパートの2階より上に住んでいる場合、給湯器の水漏れが下のフロアを水浸しにしてしまう可能性もあります。

ポタポタ程度だからと水漏れを放置していたら、ある日突然、下の階を水浸しにしてしまったという例もめずらしくありません。住民トラブルを避けたいのであれば、ほんのわずかの水漏れも見逃さないでください。

給湯器の水漏れが起きる原因

給湯器はさまざまな理由で水漏れを起こします。おもな原因は経年劣化ですが、必ずしもそうとは限りません。水漏れのおもな原因について解説します。

給湯器の経年劣化

給湯器も経年劣化を免れず、長く使っていればさまざまな不具合を起こします。古い給湯器ほど水漏れしやすいといっても過言ではありません。

ゴムの経年劣化

給湯器は水漏れ防止のためにいろいろな場所にゴム製部品がはめ込まれています。給湯器の水漏れの大半はこのゴム部分の経年劣化によるものです。ゴム製部品そのものは安価ですが、交換には給湯器の分解が必要になるのでコストはそれなりにかかります。

内部金属の経年劣化

ゴムの次に経年劣化しやすいのが給湯器内部の鋼管です。鋼管が経年劣化でサビて水漏れしてしまうこともあります。サビによる鋼管の損傷が激しいと、鋼管を交換しなければならず修理にかかる費用も倍増してしまうのも、水漏れを長く放置してはいけない理由のひとつといえるでしょう。

配管の凍結

冬季の水漏れは給湯器の配管が凍結が原因かもしれません。配管内部の水が凍結して配管に亀裂が生じ、そこから水が漏れてしまうのです。寒い地方ではなくても、屋外の北側など気温が上がりにくい場所に給湯器が設置されている場合は配管の凍結リスクがあるので注意してください。

給湯器取付時の施工ミス

給湯器をきちんと取り付け損ねて水漏れを起こしているケースもあります。給湯器の取り付けはDIYではなく専門業者に必ず依頼するようにしましょう。もし、施工ミスで水漏れしているようであれば、工事を請け負った業者が無償で修理してくれることもあります。

長期間使用していない給湯器

長時間家を留守にした後で給湯器を使おうとすると、内部の圧力が急上昇して水抜き栓から水漏れする場合もあります。この場合、お湯を出し続けているうちに水漏れが止まるなら問題ありません。ただし、長く使っていないうちに水道管の凍結が起きていた場合は配管が破損している可能性もあるので注意してください。

給湯器の水漏れへの対処法

給湯器が水漏れをしている時、まずは自分でできるいくつかの確認作業をしてみましょう。その際、順番を追ってチェックすることが大事です。水漏れの原因をつきとめるための確認作業の手順を紹介します。

給湯器を止める

給湯器の水漏れを発見したら、まずはだだちにに使用を中止してください。リモコンパネルで給湯器の電源をオフにしましょう。お風呂のお湯張りをしている途中だったとしても「とりあえこのお湯は使おう」などと考えずにすぐに中断することをおすすめします。

水漏れしている場所を確認

給湯器の電源をオフにしたら、次は水漏れしている場所を探しましょう。給湯器本体をよくチェックしてどこから水が漏れているのか確認してください。パッキンなどがある配管のつなぎ目、本体カバーの下など、よく水漏れを起こしやすい場所をまずは見てみましょう。

水漏れしている場所が水抜き栓なのか、配管接続部や給湯器本体なのかによって、次の手順に進んでください。

お湯を出してみる

給湯器は給湯器内部の水圧を下げるために水を排出する水抜き栓があり、ここから水が出ていても基本的には水漏れではありません。

しかし、いつまでも止まらないようなら故障の可能性があります。お湯を出し続けて給湯器内部の水圧を十分に下げても、それでもまだ水抜き栓からの排水が止まらないかどうか確認してください。

給水元栓を閉め業者に修理依頼

配管接続部や給湯器本体から水漏れしている場合、給水元栓とガス栓を締めましょう。リモコンパネルの電源をオフにするだけではなく電源プラグを抜いたり、給湯器内部のブレーカーのスイッチを切ったりして電源も完全に落とします。そして、すみやかに業者に修理依頼するようにしましょう。

どこから水漏れしているかわからない場合

いろいろと調べてみても結局、どこから水漏れしているのかわからないこともあります。あちこちを触りすぎてかえって症状を悪化させてしまうケースも多々あるので、早めに水漏れ箇所の特定をあきらめるのも大事です。

とはいえ、水漏れをそのままにしておくわけにはいかないので、給水元栓とガス栓を締め、電源を落として業者に相談してください。

給湯器の水漏れは自分で修理できる?

給湯器の水漏れ修理は安くても5,000円、配管の交換などが必要になると数万円かかることもめずらしくありません。

「できるだけ安くすませたい。自分で修理できないだろうか?」と、考える人もいるかもしれませんがやめておいた方が無難です。ホームセンターなどに水漏れ修繕テープも売っていますが、そういったものはあくまでも一時しのぎにしかなりません。とくに給湯器は高温になるの修繕テープが溶けてしまう可能性もあります。

「修理費用をケチってDIYですませようとしたら水漏れを余計にひどくしてしまい、結局、給湯器の交換が必要になってしまった」という例もあります。給湯器の水漏れを直すにはやはり専門家に依頼するのが安心・安全といえるでしょう。

しかし、なかには悪徳業者もいて簡単なパッキン交換で直る水漏れであるにもかかわらず給湯器の交換をすすめられるようなこともあります。「水漏れを早く止めたい!」と、あせって悪徳業者にひっかからないようにしましょう。

給湯器の水漏れは給水元栓を締めておけばとりあえずは止まり、いつまでも水が漏れ続けて水道代がかさむ心配もありません。まずは水漏れを止めて、信頼できる業者をじっくりと選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

給湯器の水漏れはチョロチョロ程度のことも多く、気づかないことも少なくありません。給湯器を普段あまり目にしない場所に設置している時はとくに注意してください。

「少しぐらい水漏れしていても平気なのでは?」ということはありません。給湯器の水漏れは一酸化炭素中毒を引き起こすことさえある大変危険なサインです。業者への相談が必要な状況なら、できるだけ早く連絡するようにしてください。

関連するコンテンツ

合わせて読みたいコンテンツ

エリアから給湯器業者情報を探す

目的からコンテンツを探す

給湯器交換見積もり広場給湯器交換見積もり広場
閉じる
↑
PAGE TOP