給湯器の交換はどこに頼むのが最適?依頼先の選び方などについても解説

給湯器の交換はどこに頼むのが最適?依頼先の選び方などについても解説

給湯器は毎日の生活に欠かせない機器ですが、故障や老朽化で交換する必要がある場合もあります。しかし、給湯器の交換はどこに依頼すればいいのでしょうか?

実は、給湯器の交換を依頼できる依頼先は多岐にわたります。それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、自分のニーズや予算に合わせて選ぶことが大切です。

また、使用中の給湯器の保証期限が過ぎている場合や保証期限内の場合など、細かな条件の違いで頼むべき業者は異なってきます。

この記事では、給湯器を交換する際の候補先7つと各々の特徴、給湯器の交換を依頼する業者の選び方などを解説します。どこに頼むか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

給湯器の交換はどこに頼む?依頼先は主に7種類

給湯器の交換・修理・取り付けは、給湯器メーカーやガス会社のほか、家電量販店、ホームセンター、工務店、リフォーム会社、水道設備屋、給湯器販売業者などに相談できます。

基本的には、メーカー保証期間内(購入後、数年間)の不具合であればメーカーに連絡し、メーカー保証期間外で給湯器の交換が必要になる場合は給湯器業者に頼みましょう。

給湯器を交換したい場合は、設置工事にかかる費用を含め、最も金額を抑えられる上に保証期間も長い「給湯器専門の販売工事業者」がおすすめです。

  1. 給湯器メーカー
  2. ガス会社
  3. 家電量販店・ホームセンター
  4. 工務店・リフォーム会社
  5. 水道設備屋
  6. 給湯器販売工事業者
  7. ネット通販系業者

給湯器メーカー

給湯器メーカーは、給湯器の製造・販売を行う企業です。ノーリツやリンナイ、パロマなどのメーカーを指しており、給湯器メーカーに依頼をして、給湯器の修理や交換をする方法があります。

給湯器メーカーに相談するメリットは、自分の好きな機種や機能を選べることや、メーカーの保証やアフターサービスが受けられることです。

設置工事に必要な資格を有する作業員が在籍しているため、費用を気にしない場合は安心して依頼できますが、工事費用や給湯器本体が最も安いとは言えません。

給湯器メーカーに依頼するメリット

  • 自分の好きな機種や機能を選べる
  • メーカーの保証やアフターサービスが受けられる
  • メーカーの公式サイトやカスタマーセンターから申し込みができる

給湯器メーカーに依頼するデメリット

  • 基本的には定価なので本体価格や交換費用が高い
  • 時期によっては予約が混み合っている場合がある

ガス会社

ガス会社は、都市ガスやプロパンガスなどの供給を行う企業ですが、給湯器の交換や設置を行っています。中にはガス工事会社が、給湯器専門の販売業者として営業を行っているケースもあります。

ガス会社に依頼するメリットは、給湯器メーカー同様安心感や信頼感があることや、ガス料金と一緒に支払える場合があることです。

設置工事に必要な資格を有する作業員が在籍しているため、費用を気にしない場合は安心して依頼できます。基本的に工事費用や給湯器本体が最も安いとは言えません。

ガス会社に依頼するメリット

  • 有資格者による対応で安心感や信頼感がある
  • ガス料金と一緒に支払える場合がある
  • ガス点検や定期点検などのサービスが受けられる

ガス会社に依頼するデメリット

  • 本体価格や交換費用が高い場合がある
  • 機種や機能の選択肢が少ない場合がある

家電量販店・ホームセンター

家電量販店やホームセンターは、給湯器やその他の家電製品を販売する店舗です。カインズのようなホームセンターや、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店でも給湯器の販売を行っており、店舗で購入をした給湯器は提携する工事業者が設置をしてくれます。

家電量販店やホームセンターに依頼するメリットは、機種や機能の選択肢が多いことや、価格が比較的安いことです。

またホームセンターの場合、リフォームなどの施工サービスも合わせて実施しており、浴室床暖房の設置など、広範囲のリフォームにも対応できます。ただし、外部の提携業者に委託しているケースがほとんどなため、工事費用や給湯器本体が最も安いとは言えません。

家電量販店・ホームセンターに依頼するメリット

  • 機種や機能の選択肢が多い
  • 価格が比較的安い
  • 店頭で相談することができる

家電量販店・ホームセンターに依頼するデメリット

  • 工事は提携している工事業者に依頼される場合がある
  • 保証やアフターサービスが不明確な場合がある

工務店・リフォーム会社

工務店やリフォーム会社は、住宅の新築や改築などを行う専門業者ですが、給湯器の交換や取り付けなども依頼できます。ただし、ガス配管接続工事など有資格者が必要な作業は外注しているケースなどが多いです。

給湯器の設置工事に必要な資格を有している作業員が在籍する工務店・リフォーム会社を選ぶことが求められます。リフォーム会社の場合は、提携業者に委託している可能性があるため、工事費用や給湯器本体が最も安いとは言えません。

工務店・リフォーム会社に依頼するメリット

  • 現地調査や見積もりが丁寧
  • 住宅施工業者であれば依頼しやすい

工務店・リフォーム会社に依頼するデメリット

  • 本体価格や交換費用が高い場合が多い
  • ガス配管工事などは外注する場合が多い

水道設備屋

水道設備屋は、水道管や蛇口などの水回りの修理や取り替えを主に行う業者ですが、給湯器が故障したり、水漏れしたりした場合にも駆けつけてくれます。緊急性の高い対応を得意としていますが、給湯器本体の選択肢が少ない場合や費用に関するトラブルが多い傾向にあります。

また、給湯器の設置工事に必要な資格を有している作業員が在籍する水道設備屋を選ぶことが求められます。一部の水道設備屋の場合は、提携業者に委託している可能性があります。

専門業者ではないので、仕入れを大量に行っている自社施工の水道屋でない限り、工事費用や給湯器本体が最も安いとは言えません。

水道設備屋に依頼するメリット

  • 給湯器の修理や取り替えが可能
  • 緊急性の高い対応が得意

水道設備屋に依頼するデメリット

  • 本体価格や交換費用が高い場合が多い
  • 給湯器本体の選択肢が少ない場合がある
  • 費用に関するトラブルが多い

給湯器販売工事業者

給湯器販売工事業者は、給湯器の販売と交換・設置工事を行う専門業者です。専門業者の強みは、メーカーから一括で大量仕入れなどを行い、安く給湯器器を提供できることです。

また、専門業者なので給湯器の施工実績も多く、有資格の熟練工が工事を請け負うケースがほとんどです。給湯器販売工事業者に依頼する場合は、インターネットや電話で申し込むことができます。

給湯器販売工事業者に依頼するメリットは、価格が安いことや迅速な対応ができることです。なかには、メーカー希望小売価格の80%OFFで給湯器を販売する業者もあり、安く高品質な給湯器を手に入れたい方におすすめです。

自社施工で、設置工事に必要な資格を有する作業員が在籍しているため、費用も安い上に安心して依頼できます。

給湯器販売工事業者に依頼するメリット

  • 本体価格と工事費用が安い
  • 有資格者による施工で安心して依頼できる
  • インターネットや電話で申し込める

給湯器販売工事業者に依頼するデメリット

  • 業者の信頼性や実績が不明確な場合がある
  • 費用に関するトラブルに注意する必要がある
  • 業者によって機種や機能の選択肢が少ない

ネット通販系業者

ネット通販系業者は、インターネットで給湯器本体の販売を行っている業者です。基本的には給湯器本体の販売のみを行っているため、多くの場合で設置工事は購入者が手配する必要があります。

ネット通販系業者に依頼するメリットは、給湯器本体の価格が最も安いことです。設置工事に必要な資格を有している方であれば、本体のみの購入費用で安価に交換を行うことが可能です。業者によっては、給湯器工事セットの商品を販売していることがありますが、そこまで安くはないでしょう。

購入者自身が有資格者ではない場合、本体価格とは別に取り付け工事のみを行ってくれる業者を探す必要があります。ただし、採算が取れないため、取り付け工事のみを請け負う業者はほとんどおらず、対応してもらう場合は割高になります。

そのため、取り付け工事と給湯器本体をあわせた費用は、給湯器業者で交換した場合と変わらないことも多いです。

ネット通販系業者に依頼するメリット

  • 給湯器の本体価格が最も安い

ネット通販系業者に依頼するデメリット

  • 取り付け工事のみを請け負う業者を探す必要がある
  • 保証やアフターサービスが不十分な場合がある
  • 給湯器が不良品で正常に動作しない可能性がある

交換が最も安いのは給湯器業者

下記の3社は全国対応(一部地域を除く)しており、施工実績と商品在庫が豊富な給湯器業者です。

特筆すべきは、商品・工事ともに保証期間が10年間付帯するため、安心して依頼できます。ミズテック(給湯器駆けつけ隊)は、メーカー希望小売価格の最大91%オフで給湯器を交換可能です。

また、24時間年中無休で受け付けしているので、ほとんどのケースで緊急時に迅速な対応を実現しています。

【PR】※一部地域除く

  1. キンライサー
  2. 湯ドクター
  3. ミズテック(給湯器駆けつけ隊)

給湯器の交換を依頼する業者の選び方

ネットなどで給湯器業者を探す場合、特に下記の8点を確認して優良な業者を選ぶようにしましょう。

  1. 許可や登録を保有しているか
  2. 自社施工を行う業者か
  3. 見積書や契約書の発行に応じるか
  4. 工事料金が明確か
  5. 担当者の対応やスピード感はどうか
  6. 保証やアフターサービスがあるか
  7. 施工実績が豊富にあるか
  8. 対応可能なエリアはどうか

許可や登録を保有しているか

給湯器の交換・取り付け業者を選ぶ際、最も重要なのは「有資格スタッフ」の有無です。どんなに給湯器の価格や工事費用が安くても、資格のないスタッフが施工をするのでは、不安が残りますよね。

給湯器交換に必要な資格

  • 液化石油ガス設備士
  • ガス可とう接続工事監督者
  • ガス機器設置スペシャリスト
  • TES工事士
  • 給水装置工事主任技術者

給湯器は精密機器であり、長く使い続けるためにも、熟練の有資格スタッフに工事を依頼しましょう。

自社施工を行う業者か

自社施工とは、営業にはじまり、設計・施工などの工程をひとつの業者が一貫して請け負うことを挿します。

実は一部の業者は自社施工ではなく、提携する別業者に工事を委託しているのですが、この場合仲介手数料が発生するほか、工事の融通が利かないなどのデメリットがあります。

工事費用を抑えて、良い工事を受けるためにも、自社施工業者と取引しましょう。

見積書や契約書の発行に応じるか

給湯器に限らず、修理や施工の依頼には、見積書や契約書の発行に応じる業者を選んでください。見積書や契約書無しでは、工事が終わった後の支払いやアフターフォローを受ける際、トラブルが起こりやすくなります。

また初期の段階でも、見積もり内容がしっかりしている業者を選んでください。

工事料金が明確か

工事前に作業内容の説明が一切なく、いざ請求の段階になっても、料金の内訳を見せない業者は信頼できませんよね。

また基本料金に上乗せして、後から追加費用を請求する悪質な業者も存在します。工事費用でトラブルにならないよう、見積書の金額と相違がないか。追加費用の有無も施工前に確認しておきましょう。

追加費用に関する説明があるか

記事の前半で紹介した業者のなかには、追加費用なし、工事費用や撤去費用を給湯器代金に含む業者も存在します。明朗会計な業者であれば、安心して工事を依頼できますが、
追加費用に関して説明が無い業者は注意が必要です。

担当者の対応やスピード感はどうか

24時間年中無休と書いてあるにも関わらず、一向に返信がない、連絡が来ないズボラな業者が存在します。冬場や寒い時期に、長期間給湯器が使えないようでは大変ですよね。

失敗しないためには、利用者の口コミ評価などを参考に、担当者の対応や施工のスピード感も確認しておきましょう。

一部業者は、応急処置として給湯器のリースも行っており、希望する給湯器がメーカーから届くまでの間、お湯がすぐ使えるよう手配してくれるので安心です。

保証やアフターサービスがあるか

給湯器本体や工事の品質保証など、保証やアフターサービスの有無を確認しましょう。

給湯器メーカーの中には、給湯器の価格に工事費や撤去費用に加え、施工日から最長10年の延長保証を付けてくれます。

費用無制限で品質保証を行う業者もあり、アフターフォローの質や内容が、業者の信頼度を表しているともいえます。

施工実績が豊富にあるか

給湯気温設置や修理で信頼できるのは、創業年数が長く、累計施工実績が多い業者です。とはいえ大手と地域密着型の業者では、施工実績に差があります。

地域密着型の業者の場合は、地元でどのくらいの施工実績があるのか。ユーザーの口コミ評価や業者の施工レポートなどを参考に確認しましょう。

ホームページに施工実績を載せている業者や、お客様の声を多く掲載している業者であれば信頼できますね。

対応可能なエリアはどうか

給湯器の設置には、「対応エリア」を確認しておく必要があります。せっかくお気に入りの業者を見つけても、居住地の工事に対応していない場合があるからです。

例えば関西にお住まいの方が、関東限定に拠点を持つ業者を選んでしまうと、エリア外として断られるか、高い出張料を払って工事を受けることになるので厄介です。

給湯器交換をどこに頼むか悩んでいる方からのよくある質問

  1. 給湯器メーカーと給湯器販売業者の違いは?
  2. ネットで見つけた給湯器業者は危険ですか?
  3. 無資格の業者は危険ですか?
  4. 給湯器工事は何を重視すべき?
  5. 良い給湯器交換業者の見分け方は?

給湯器メーカーと給湯器販売業者の違いは?

給湯器メーカーは、給湯器を製造・販売するメーカーのことです。

一方の給湯器販売業者は、給湯器メーカー代理店や販売店として、給湯器の設置や修理などを行う専門業者のことです。

一般的に給湯器メーカーに直接工事を依頼するよりも、給湯器販売業者に依頼をする方が給湯器本体の価格も安く、工事費用も相場より安く依頼できるのでお得です。

ネットで見つけた給湯器業者は危険ですか?

ネットで見つけた給湯器業者でも、施工実績があり、口コミ評価が高い業者や有資格スタッフの在籍する業者を選べば安全です。

ネットで依頼する場合は無名の業者ではなく、今回紹介したように、信頼できる業者を選んでから見積もりを取りましょう。

なお口コミ評価の文面が直筆のものや、お客様の写真が掲載されているレビューは信頼して良いでしょう。

無資格の業者は危険ですか?

無資格の業者は、おすすめしません。給湯器の交換や工事には、最低でも液化石油ガス設備士、ガス可とう接続工事監督者などの資格が必要です。

このほかにも、ガス機器設置スペシャリスト、TES工事士、給水装置工事主任技術者などの資格を持っている業者を選べば安心です。

給湯器工事は何を重視すべき?

給湯器業者は値段で選んではいけません。給湯器工事は業者の経験と実績、工事の質、給湯器の値段や工事費用が適切かどうか、総合的に判断する必要があります。

利用者の口コミ評価などを参考に、信頼できる業者を選びましょう。

良い給湯器交換業者の見分け方は?

良い給湯器交換業者は、工事費用の料金体系が明確です。金額について曖昧な書き方をせず明朗会計であり、初心者にも分かりやすく工事の内訳を教えてくれます。

評価の高い業者は契約書や見積書の作成も行い、利用者が安心できるようアフターフォローも万全です。給湯器や工事の保証内容は、どのくらいの期間バーしているのか事前に確認しましょう。

実在する業者かどうか。ホームページなどを確認し、運営元やホームページに記載されている金額やサービス内容も細かくチェックしましょう。インターネット申し込みの場合、割引が適用される業者もあります。

まとめ

交換をどこに頼むか悩んだら給湯器業者一択

今回は、給湯器の交換をどこに頼むのがいいか、給湯器交換を依頼する候補先の各々のメリット・デメリットなどについて解説してきました。

給湯器交換の依頼先は、給湯器メーカー、ガス会社、家電量販店・ホームセンター、給湯器販売工事業者、ネット通販系業者などがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分のニーズや予算に合わせて選ぶことが大切です。

メーカーの保証期間内であれば使用している給湯器のメーカーに相談し、保証期間を過ぎていれば給湯器専門の交換業者に依頼するのが最適です。

また、給湯器交換の業者選びで失敗しないためには、施工に必要な資格を保有しているか、施工実績などをもとに総合的に判断する必要があります。

見積書や契約書の発行に応じるかなどの条件に加え、料金が明朗会計かどうか、アフターサービスや保証条件、自社施工を行う業者かどうかも判断材料にしてください。

当サイトおすすめの給湯器業者ランキング

給湯器のトラブルで業者に
依頼を検討している方はこちら