給湯器のネット購入は危険?ネットで安全に給湯器を購入する5つのコツ

給湯器のネット購入は危険?ネットで安全に給湯器を購入する5つのコツ

最近では、給湯器をネットで購入する人がいます。確かにメーカーから直接購入するよりも、ネットで販売されている給湯器の価格は安く、中にはメーカー希望価格の半額〜八割引で販売しているサイトも存在します。

ネット販売されている給湯器は、危険ではないのでしょうか? また、Amazonや楽天でも給湯器が販売されていますが、安全面で問題は無いのでしょうか。

この記事では、給湯器のネット購入は安全なのか解説するほか、ネットで安全に給湯器を購入するコツを5つ紹介します。

給湯器が最も安く買えるのはネット購入

結論から先にいいますと、給湯器が最も安く買えるのはネットの給湯器設置業者です。

実際にリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスの給湯器カタログを見てみると、メーカー希望価格は30万円〜40万円しますが、ネットの給湯器販売業者のサイトを見ると、全く同じ機種が市価の50%〜80%OFFで販売されています。

もちろんメーカーサイトでも、20万円以下で購入できる給湯器はありますが、安価な機種は追い焚き機能が付いておらず、機器のサイズも小さくなります。

給湯器交換業者や量販店は、メーカーから大量仕入れを行い、工事費とセットで市価よりも安く提供できる仕組みです。同じ金額を出すのならば、最新の給湯器を安くお得に設置したいですね。

給湯器の料金をネットとその他で比較

給湯器の料金をネットと、メーカーで比較してみました。なお、比較をした給湯器の大きさは、平均的な20号で計算をしています。

給湯器の種類 メーカー希望価格 ネット給湯器業者の価格
追い焚き機能なし給湯器 18〜20万円 5〜14万円
追い焚き付き給湯器エコジョーズ オートタイプ 33〜37万円 7〜23万円
追い焚き付き給湯器エコジョーズ フルオートタイプ 35〜40万円 10〜25万円
床暖房付き給湯器(追い焚き機能なし) 33〜41万円 10〜22万円
追い焚き付き・床暖房付き給湯器エコジョーズ オートタイプ 40〜43万円 13〜28万円
追い焚き付き・床暖房付き給湯器エコジョーズ フルオートタイプ 43〜45万円 14〜30万円

これらの給湯器には、リモコン費用も含まれていますが、工事費用として別途3万円〜6万円かかります。このため、給湯器の価格が30万円だった場合には、全体で33〜36万円を支払う計算です。

ネットの給湯器業者

ネット給湯器業者は有名メーカーの給湯器を扱い、給湯器の交換だけでなく修理もを行っています。給湯器メーカー希望価格の50%〜80%を割引し、工事費用をプラスしても格安で給湯器が購入できるメリットがあります。

なお、同じネット給湯器業者でも、仕入れ価格や工賃などが異なるため、購入価格には差があります。また、業者によっては10年間の保証期間を無料で付けてくれるところや、工事費用にオプション保証を含めたところもあり、それぞれ業者ごとに特色があります。

給湯器メーカー

リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスなどの給湯器メーカーでも、直接給湯器が購入できます。例えばリンナイのホームページを見ると、最寄りのリンナイ取扱店が検索でき、店舗で給湯器の修理や交換が依頼できます。

給湯器メーカーに依頼をするメリットは、給湯器に詳しいメーカースタッフが来てくれる安心感にあります。しかし、給湯器は定価なので、給湯器交換業者に比べると全体の工事費用は高くなるのがネックです。

ガス会社

ガス給湯器が故障したときには、ガス会社でも修理・交換を受け付けています。いつも利用しているガス会社が対応してくれるので、給湯器の修理や設置作業の質も高いです。ただし、給湯器交換業者に比べると割高な上に、扱う給湯器の種類は少ないです。

量販店・ホームセンター

量販店・ホームセンターでも給湯器を販売しており、提携する工事業者が給湯器の修理・交換を行います。給湯器メーカーやガス会社よりも工事費用は安いですが、給湯器交換業者に比べると工事費用は高いことが多いです。

リフォーム会社

リフォーム会社でも給湯器の修理・交換を行っています。リフォーム会社を利用する方の多くは、浴室や洗面所、トイレ、台所などの水回りリフォームと一緒に、給湯器を交換するケースが多く見られます。

リフォーム会社によって工事費用は異なりますが、給湯器交換業者に比べると費用は高めに設定されています。ただし、交渉によっては工事費用と合わせて値引いてくれることもあります。

Amazon、楽天、ヤフーショッピング

Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどのECサイトでも、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、ハウステックなどの給湯器が販売されています。

どのECサイトも、メーカー公式ストア、給湯器交換業者、ガス会社、リフォーム会社、家電量販店、通販事業者などが出店しており、給湯器だけでなく、工事もオプションで注文できます。

ECサイトで購入するメリットは、ポイントが貯まるなどの還元があること。またクレジットカードなど、支払い方法が複数から選択できるのも便利です。

ただし、個人が出店している場合、信頼できる相手かどうかは、口コミ評価などを頼りにする以外、確かめる方法はありません。また、Amazonの場合はサクラも一部存在するため、本物の口コミかどうかは判断が難しいです。

このため給湯器のように毎日使う機器は、万が一のことを考えて、すぐにメンテナンスや工事がお願いできる専門業者(例:メーカーや給湯器交換業者など)に依頼をした方が安心です。

もちろんECサイトの中にも、給湯器交換業者が出店しているケースがあり、口コミ評価の高いショップもあります。

良い業者の見極め方ですが、購入後のアフターフォローがあり、給水装置工事主任技術者、第二種電気工事士というような資格を持っている業者であれば信頼して良いでしょう。

ネットで給湯器を購入するメリットとデメリット

ネットで給湯器を購入すると、メーカーよりも安く買える反面、工事の手続きやアフターフォロー、施工業者とのやり取りについて気になる点がいくつかあります。

なぜネットは安いのか?

ネット販売は実店舗を持たないため、家賃や人件費が削減でき、メーカーよりも安く販売できるケースが多いです。また、家電量販店や給湯器交換業者は、大量仕入れによってメーカー希望価格よりも安く給湯器が販売できるようで、大幅値引きでお得に給湯器が購入できます。

ネット購入の良い点

ネットで給湯器を購入するメリットをまとめてみました。

ネットで給湯器を購入するメリット

  • メーカーで購入するより安い
  • ECサイトのポイントが貯まる
  • 無料配送やクーポンなど、ECサイトの特典が適用される

ネット購入で一番のメリットは、安く購入できることです。同業他社との競争も関係しているのか、最新機器を安く提供するショップが多いです。

また、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECサイトで購入をすれば、それぞれAmazonのポイント、楽天スーパーポイント、TポイントやPayPayボーナスなどが還元されるというメリットがあります。

このほか、Amazonプライムのように無料発送の特典や、楽天市場のようにクーポンで割引が適用される特典もあります。

ネット購入の注意したい点

ネットで給湯器を購入するデメリットは、対面のようにきめ細かなアフターフォローが受けられないことです。また見えない取引なので、信頼できる販売者かどうか、見た目だけで判断できない点も不安要素の一つです。

ネットで給湯器を購入するデメリット

  • アフターフォローが期待できない
  • 信頼できる販売者かどうか分からない
  • 誰が施工をするのか分からない

ネットで購入すると、給湯器の工事は販売者ではなく、第三者が手掛けるケースも多いです。このため、提携の施工業者がどのような対応をするのか、不安に感じる方も多いです。

ECサイトのポイント還元等は魅力ですが、給湯器は毎日使うものなので、目先の利益だけに惑わされないようにしましょう。

給湯器は長く安全に使えるのが一番です。このため、施工実績のある信頼できる業者から購入するのが正しい選択といえます。

ネットで給湯器を安全に購入するコツ

ネットで給湯器を買う際、次の点を参考にすれば失敗は回避できます。

  1. 施工実績がある業者を選ぶ
  2. 数社で相見積もりを取る
  3. 資格保持者が在籍しているか
  4. 工事の内訳、見積もりの内容
  5. 工事保証・アフターフォローの有無

1〜5について、さらに詳しく解説します。

施工実績がある業者を選ぶ

信頼できる業者かどうかは、施工実績の多さが参考になります。設立年数の長さ、累計の施工件数、得意なエリアなど。給湯器の施工実績が、豊富な業者を選びましょう。

数社で相見積もりを取る

給湯器は価格だけでなく、工事の質、保証内容やアフターフォローなど、総合的に判断したいものです。また業者選びで失敗しないためには、一社で即決するのではなく、複数社から相見積もりを取れば失敗しません。

資格保持者が在籍しているか

給湯器はガスや石油などを使用するため、資格保持者に施工をしてもらうのがベストです。ネットで購入する場合は、資格保持者が在籍しているかどうか確認しましょう。

給湯器であれば、液化石油ガス設備士(国家資格)が対応してくれれば安心です。このほか、ガス機器設置スペシャリスト/GSS(民間資格)、ガス可とう管接続工事監督者(公的資格)等の資格を明示している業者であれば信頼できます。

工事の内訳、見積もりの内容

見積もりの金額と工事後に請求される金額が違うようでは、相手を信頼できませんよね。

業者にお願いする前に、工事の内訳、見積もりの内容が妥当かどうか判断しましょう。信頼できる業者なら明朗会計で、工事内容や価格の内訳も丁寧に答えてくれるはずです。

工事保証・アフターフォローの有無

給湯器を設置したものの定期点検が受けられない、給湯器が壊れてもアフターフォローが無いようでは、安全に機器が使えません。ネットで購入する際には、どのような工事保証やアフターフォローが付いているのか、付帯サービスも忘れず確認してください。

ネットで信頼できる給湯器業者一覧

下の記事では、施工実績、資格保持者が所属し、工事費用が明朗会計、アフターフォローや保証内容に満足出来る業者を厳選しました。ネットで給湯器交換業者をお探しの方は、参考にしてみてください。

給湯器のネット購入でよくある質問

  1. 工事費込みの給湯器はお得ですか?
  2. 安すぎるネット給湯器会社は危険ですか?
  3. ネット購入した給湯器会社に振込後、連絡が取れません
  4. ノーリツやリンナイの給湯器もネットで安くなりますか?
  5. フリマアプリで給湯器を買うのは危険ですか?
  6. 給湯器はDIYで設置できる?

工事費込みの給湯器はお得ですか?

メーカーやガス会社、ECサイトの業者の多くは、給湯器とは別に工事費用を支払う必要があります。その一方で、一部の給湯器交換業者やリフォーム会社の中には、工事費込みで給湯器を販売しています。

業者やメーカーごとに、仕入れ値や工事費には差があります。このため工事費込みの給湯器であっても、お得かどうかは計算しなければ分かりません。設置したい給湯器のタイプと工事費用を足して、複数の業者間で値段を比較するようにしましょう。

安すぎるネット給湯器会社は危険ですか?

口コミ評価の高い業者でも、メーカー希望価格の50%〜80%引きで給湯器を販売することがあり、安易に危険かどうかは断定できません。

信頼できる業者かどうかは、会社の設立年数、施工実績、アフターフォローや保証内容などをもとに判断しましょう。大手以外の業者でも、エリアを絞り地域密着型で、口コミ評価の高い給湯器交換業者が存在しています。

ネット購入した給湯器会社に振込後、連絡が取れません

振込をしても連絡が取れない場合、ECサイトであれば、サポートサービスに問い合わせできます。

特にAmazon、楽天市場、Yahoo!などのサイトでは、販売者と連絡が取れないといったトラブルは多く寄せられているようで、メールやチャット、電話などで迅速に対応してくれます。

商品未着のトラブルは、個人の販売業者に起こりやすく、給湯器を購入する際には、信頼できる販売者を選ぶ必要があります。

なお、大手以外の個人が運営してサイトの場合は、国民生活センターが運営している消費者ホットラインや、最寄りの国民生活センターに相談できます。

参考リンク:消費者ホットライン(全国統一番号)独立行政法人国民生活センター

ノーリツやリンナイの給湯器もネットで安くなりますか?

ノーリツやリンナイ以外にも有名メーカーの給湯器は、ネットで安く販売されていますが、ネット以外の給湯器交換業者でも、メーカー希望価格の最大80%引きで、人気の給湯器が購入できます。

また、給湯器交換業者であれば、給湯器の修理や交換、メンテナンスなども受け付けているので便利です。

フリマアプリで給湯器を買うのは危険ですか?

フリマアプリでも、中古や新古品、デッドストックの給湯器が販売されています。しかし、フリマアプリで購入した場合、給湯器が正常に作動をするのかは分かりません。

実際、給湯器は精密機械なので、動くかどうかは見た目だけで判断できません。また、せっかく購入しても、内部が経年劣化していた場合は使えない可能性が高いです。

このため、給湯器はフリマアプリではなく、信頼できる業者から購入されることをおすすめします。

給湯器はDIYで設置できる?

個人のブログやYouTubeをみていると、DIYで給湯器を修理したり、給湯器を交換・設置している人がいます。

しかし、給湯器はガスや石油を使うため素人のDIYはおすすめしません。

知識や資格のない人が給湯器設置をすると、思わぬ事故に繋がる場合があります。

ネット上には給湯器のパーツ(例:安全弁、減圧弁、給水栓など)も販売されていますが、自分で交換はせず、有資格者である業者に依頼をして安全な状態で使えるようにしましょう。

まとめ

給湯器はネットでも購入できますが、Amazonや楽天市場のようなECサイトでは無く、有資格者が在籍し、施工実績のある給湯器交換業者を選ぶと安心です。

信頼できるネットの給湯器業者を選べば安心

ネットで依頼できる給湯器交換業者であれば、メーカーやガス会社よりも安く、最新の給湯器が購入できます。また工事やアフターフォローなどの保証が付いた業者であれば、ネットでも安全に購入できます。

口コミ評価の高い業者を見つけたら、給湯器と工事費用の合計が安いかどうか。工事の質や信頼度も含めて総合的に判断し、選ぶようにしましょう。

関連するコンテンツ

合わせて読みたいコンテンツ

エリアから給湯器業者情報を探す

目的からコンテンツを探す

給湯器交換見積もり広場給湯器交換見積もり広場
閉じる
↑
PAGE TOP